「僕の手に抱かれるのではないか!」「ムリムリ」丁々発止の『スカピン』再演会見

「僕の手に抱かれるのではないか!」「ムリムリ」丁々発止の『スカピン』再演会見

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

笑顔の絶えない「スカーレットピンパーネル」会見

石丸幹二主演のミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」の会見が12日、梅田芸術劇場で行われた。

同作は1997年にブロードウェイで初演、日本でも宝塚歌劇団で何度も再演を重ねる人気作。2016年に新バージョンとして上演されたばかり。フランス革命後の恐怖政治の中で、イギリス貴族のパーシー・ブレイク二ーとその妻・マルグリット、フランス政府のショーブランの3人を軸にした冒険活劇。昨年、新曲も加わった“世界初の新バージョン”として上演された。

石丸は「1年置くことで、こんなに熟するのだなと実感しています」と手応えをアピール。キャストが一新されたピンパーネル団との芝居でも「演者が変わることでセリフの魂の宿り方が大きく違ってきます。新たな球をどうキャッチするか、楽しみながら演じることができています」と笑顔を見せた。

またヒロインの安蘭けいは、宝塚歌劇団在団中にパーシーを演じているだけに、作品には誰よりも精通。「ショーヴランとの関係をもっと深く考えようと思いながら、稽古をしてきました。その結果、三角関係が鮮やかに出ていれば」と変化を語った。

またショーブラン役の石井一孝は「マルグリットは、もはや僕の手に抱かれるのではないか!という思いでいます」とニヤリ。すると安蘭は即座に「ムリムリ」と軽くいなすなど、チームワークの良さを見せていた。

大阪公演は13~15日、梅田芸術劇場メインホール。東京公演は20日~12月5日、TBS赤坂ACTシアター。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“佐藤琢磨と7年不倫”内藤聡子のインスタが意味深......「におわせ」というより「女の念」か
カズレーザーが「15年ぶりに泣いた」1冊が大反響!緊急重版に
NGT48・荻野由佳、細身なのに豊満なバストに絶賛の声 “彼氏いらない”発言でファン歓喜!
ヒロミが明かす、ダウンタウン浜田との意外な縁にネット驚き「そんなマンガみたいな...」「凄すぎ」
「美人すぎる」元バレー選手、同性愛を告白 テレビ番組でカミングアウトし「言えて本当幸せ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加