子連れにやさしい! 薬膳カフェやセンスのよい日用品やギフトも揃う「CASICA(カシカ)」に行ってみた

子連れにやさしい! 薬膳カフェやセンスのよい日用品やギフトも揃う「CASICA(カシカ)」に行ってみた

  • ウーマンエキサイト
  • 更新日:2017/12/05
No image

漢方薬局をイメージした「南風食堂」監修のカフェや、カゴなどの世界各国の日用品や古道具、器を揃えたショップ、そしてギャラリーなどを併せたコンプレックス・スペース「CASICA(カシカ)」が、東京・新木場に11月9日にオープンしました。

授乳室やオムツ替えスペースもあるなど、子連れフレンドリー。親子で行きたい注目の新スポットです。

■センスのよいプロダクトや家具、食がひとつの空間に

No image

ブックディレクター山口博之さんセレクトの本を集めたコーナー

新木場駅から徒歩3分の場所にオープンした「CASICA」は、木材倉庫として使われていた約300坪の空間をリノベーションして誕生。名前のCASICAは「可視化(かしか)」の意味。家具やプロダクト、食など、多様な時代や地域、人によって生み出されたモノゴトが一堂に集まる未知の感覚を、新鮮なスタイリング空間として可視化したそうです。

時代や価格、国にとらわれず、古いものや新しいもの、日本のものや外国のものを、同じ空間に、隔てなく並べているのがとてもユニーク。いるだけでワクワクしてきます。

■センスのよい日用品やギフトが見つかるショップ

No image

ショップスペースには、カゴや食器、リネン、キッチンツールなど、世界各国の民藝や日用品、プロダクトがたくさん並べられています。

大小さまざまなカゴは、日本のものもあれば、外国のものもあります。ストールやタオルを入れてインテリアのアクセントにしたり、子どものおもちゃを整理したり、いろいろな用途に使えそうです。

No image

モロッコやラオスなど海外のカゴや国産の上質リネン

器も入手困難な人気作家の器から、買い求めやすいデッドストックの器までいろいろ。同じ役割のものでも、なぜ値段にちがいがあるのか? そんなことを親子で話してみるのも楽しそうです。

No image

買い求めやすいデットストックの器類は数百円~

センスのいいプロダクトは、ギフトにもぴったりなものばかり。たとえば、出産祝いには肌触りのよいタオルや木のガラガラ、ママ友へのプチプレゼントには国産の上質なリネンなどもおすすめ。

No image

おくるみにもなる大判タオルや木のガラガラは出産祝いに

No image

オブジェに見えるドライフラワーも大小の花束を組み合わせた売り物。1000円~なので気軽なおみやげにも

入り口近くには植物コーナーも。子どもとお気に入りを選んで、一緒に育てるのも楽しそうですね。

No image

古い器と苔玉をあわせるなど感覚もユニーク

■雑穀ごはんはおかわり自由「南風食堂」監修のカフェ

No image

カフェは、料理ユニット「南風食堂」が監修するデリカテッセンスタイル。薬膳やアーユルヴェーダの考えをベースにした料理は、身体の中から元気になれる気がします。

No image

入ってすぐのカフェスペース

11:00~15:00のランチタイムには、定食スタイルの「CASICA Set MENU」と「CASICA Curry」を提供。(※カレーは15時以降もOK)

セットメニューは、おかず3品と雑穀ごはん、お味噌汁、お漬物がつきます。週替わりで10種類が用意され、その中から好きなものを3種類チョイス可能。雑穀ごはんは大盛り・おかわり自由。おかずも1品300円で追加できるので、小さなお子さんとシェアしやすいのもポイントです。

No image

「CASICA Set MENU」の一例

ほかにもパウンドケーキやムースなどのスイーツもあり、午後のひとときをゆっくり過ごせます。ママ友とのランチはもちろん、ファミリーの休日ランチも気持ちよさそうです。

No image

子ども用カトラリーも準備アリ

■「モノを大切にする心」も育めそうな家具ショップ

No image

家具スペース

1階奥には、家具のショップと「焚火工藝集団」のアトリエがあります。大正や昭和初期につくられた家具を現代の暮らしにあわせて、アトリエでリペア・リプロダクトし、それを手前のスペースで販売。昔、おばあちゃんの家で見たような懐かしい家具に心が和みます。

奥のアトリエには職人さんがいて、家具をリペアしている様子なども見学できます。古くなったものを大切に使い続けることで、子どもの「ものを大切にする心」も育めそうです。

■赤ちゃん連れも安心! オムツ替えスペースや授乳室も完備

No image

かわいい授乳室の入り口

スペース内にはオムツ交換台やウォーターサーバーを備えた授乳室もあるので、赤ちゃん連れも安心。カフェにはキッズチェアや子ども用カトラリーの準備もあります。

No image

施設内にはこのほかに、天井高13メートルのギャラリーもあり、今後は展覧会やポップアップショップなどを予定しているとのこと。また、2階には広々としたスタジオがあり、展示会やイベント、ワークショップ、料理教室などとして一般の人も利用できるそうです(※有料)。

センスのよいセレクトやスタイリングは、おうちのインテリアの参考にもなるはず。親子で気持ちのいい時間を過ごせる注目の新スポットです。

▼CASICA(カシカ)

No image

東京都江東区新木場1-4-6 新木場駅徒歩3分

営業時間:11:00 ~ 19:00

(2017年12月27日は17:00閉店、12月28日~2018年1月4日は休館)

Tel. 03-6457-0826(カフェは 03-6457-0827)

https://casica.tokyo/

Instagram:@casica.tokyo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
【注目!】 買った?試した? 2017年にヒットした商品、ここに発表!
【検証】ユニクロの防風暖パン『ブロックテックスリムフィットチノ』だけで真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
「死ぬときに人はどうなる?」現役医師に聞いた
「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加