自分に? それともお土産に?「カナダのいいもの」カタログ

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/09/24
No image
No image

時代はネットショッピング全盛でも、ここでしか手に入らないものがある。旅での買い物は一期一会。“迷ったら買う”が鉄則! カナダ旅でチェックすべきアイテムを一挙大公開します。

CANADA - カナダ

No image

M・A・C Cosmeticsの口紅
M・A・Cは実はトロント生まれ。日本で買うより安いと評判なので、カナダ限定品のコスメを探しにGO!

No image

MECのダッフルバッグ
バンクーバー発の総合アウトドアショップ。オリジナルのダッフルバッグはスーツケースがもうパンパン!という時の救世主。*購入には会員費5CADを払う必要あり

No image

Tim Hortonsのコーヒー豆
カナダ人がこよなく愛するコーヒー・ショップ。いろんな街にあって美味しいので、帰る頃にはヤミツキになってるかも。

No image

Rootsのニット帽
カナダ代表アパレルブランド〈Roots〉。パーカ、靴下、帽子、手袋など冬のアイテムがおすすめ。

ONTARIO - オンタリオ州

No image

tealishのハーバルティー
トロントのハイパーク近くにあるお茶屋さん。ストレス解消、質の良い睡眠、デトックスなど、働きかけるお茶が充実。

No image

HAYLEY ELSAESSERのTシャツ
カラフルでド派手なプリントが周りをハッピーにする、クィア系アパレルブランド。トロントのクィーンストリートにある。

No image

DAVIDsTEAのお茶
国のあちこちにお店があるカナダでも有名なお茶。種類は100種以上。パッケージもかわいく、お土産に喜ばれる。

No image

SOUL CHOCOLATEのチョコ
カカオの選別からパッケージングまで手で行っているトロント発チョコレートブランド。カフェなどで見かけたらぜひ。

No image

SOMA Chocolate makerのチョコ
神々の飲み物という意味のSOMA。カカオの選定から自社で行いホットチョコレートもおいしい。トロントに2店舗ある。

No image

OAK+FORTの小物
バンクーバーで始まり、北米19店舗で展開中のライフスタイルブランド。ネイルポリッシュは大人っぽいカラバリも豊富。

No image

ナイアガラの滝のスノードーム
ナイアガラ・フォールズのお土産屋さんにて。何か一つ思い出に残るグッズがほしいときスノードームは魅力的。

QUÉBEC - ケベック州

No image

RISEのコンブチャ
カナダでもコンブチャは大流行中。ハワイとケベックのスピリッツをもったRISEは、スパイスを使い健康志向が高い人に人気。

No image

KOZLIK’S のマスタード
70年の歴史をもつ家族経営のマスタードブランド。材料は100%メイドインカナダ。セント・ローレンス・マーケットにて。

No image

The Great Canadian SOX SHOPの靴下
カナダ人は首相を筆頭に靴下がカラフル。老若男女問わずファンキーな足元を作る。キュートなビーバープリント。

No image

Délices Érable & Cieのメープルスプレッド
モントリオールにカフェ併設の路面店もある国民的ブランド。メープルシロップがバター状になったもの。大量買いしたい!

No image

ESCUMINACのメープルシロップ
スーパーで買える地元民に人気のメープル。着色料無添加の天然物で、ライト、ミディアム、アンバー、ダークと揃う。

No image

メープルシロップ
スーベニアショップで売っているボトルがカエデの葉の形をしたシロップは、THEカナダ土産としてとりあえず買っておこう。

No image

Fous de l'îleのコンブチャ
モントリオールで醸造している人気コンブチャ。ショウガやマンゴー、チェリーなど、フルーツ味もあり飲みやすい。

No image

ロブスター・ライター
いろいろなグッズになっているPEIの名物・ロブスター。大きな「はさみ」を生かしているのがナイスなライター。

No image

ポテト・キーホルダー
PEIのジャガイモの生産量は、カナダ全土の3割強。食べるだけでなく、持ち帰れるポテトもおひとつ。

No image

COATICOOKのクラフトビール
ケベックは地ビール天国。100%天然酵母にこだわり、ベルギー風や英国風、スコッチ風など15種以上あるブランド。

No image

MILTONのシードル
りんご酒のシードルも、ケベック名物。ケベック州にある醸造所CidrerieMiltonの「CID」は爽やかな飲み心地。

PRINCE EDWARD ISLAND - プリンス・エドワード島州

No image

PEI老舗店のジャム
〈PEI PRESERVE COMPANY〉のジャム各種。写真はワイルドブルーベリー&ラズベリー、レモン&ジンジャー。

No image

『赤毛のアン』の木いちご水
アンが親友ダイアナに、木いちご水と誤ってワインを飲ませてしまった場面。それを今風にアレンジした木いちごソーダ。

No image

ポテト・グローブ
凸凹の素材で、野菜の皮が簡単に向けるピーラーいらずの手袋。ジャガイモだけでなく、ゴボウなどにも活用できる。

●情報は、FRaU2019年10月号発売時点のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
閉店危機から復活を遂げたカレー専門店。苦難の連続だった味の再現
マックでコーヒー「0円」キャンペーン再び → 軽い気持ちで飲みに行ったらタダでは済まなかった
ディナーも楽しめるからデートやパーティーにぴったり♡クリスマス気分を盛り上げるブッフェがサンシャインプリンスで開催♩
厚切りローストビーフが絶品。肉好き必訪のお洒落ビストロが目黒にオープン!
【魅惑グルメ】イートは杉並区高井戸の絶品レストラン! 孤独のグルメにも登場「アレがうまい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加