ASKA容疑者、尿検査「最初拒んだ」 逮捕前『ミヤネ屋』への電話公開

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/29

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)が逮捕前の28日午後4時ごろ、日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)と電話でやりとりした様子が29日、同番組内で公開された。

28日の番組終了後に芸能リポーターの井上公造氏(59)がかけた電話に「もしもし。公造さん、どうも。びっくりしましたやんか」と切り出したASKA容疑者。井上氏から電話をかわったメインキャスターの宮根誠司(53)に「初めまして、どうも」とあいさつし、番組中に逮捕の方針が出たことを告げられると、「びっくりですよ。僕、寝てたんですよ。電話がバンバン入るので、何だろうなと思って電話出たら、テレビ見てってことでテレビ見てびっくりしたんですよ」と状況を説明した。

続けて、宮根の言葉をさえぎるように「金曜日にアカウントを週に2回乗っ取られて、相手も大体特定できてるんですよ。それでもう我慢できないので、サイバー課を紹介してくれって電話したんですよ」と警察に連絡したことを明かし、「警察が来られたかなと思ったら、その後、前の麻薬の刑事の方が来られて尿検査してくれって言うので、最初拒んだんですけど、僕は被害者なのになぜここでやられるのか。『警察署に来てくれ』って言うんですけど、それはできないと。警察署に行った場合、そこで写真撮られたらそれだけの記事になるので。やるんだったら、今この部屋でやってくれってことになったんですよ。で、部屋で(尿検査を)やって、僕は100パーセント自信もありますので、その尿を持って行かれて今に至るんですね」などと説明した。

宮根から「保釈されてから一切違法薬物には手を染めていない?」と問われると、ASKA容疑者は「ないです、ないです」と答え、「まったく(事実)無根ですね」と覚醒剤の使用を否定。さらに、宮根に「突然(陽性反応が)出たんだけど、自分には全く身に覚えのない逮捕の方針っていうので、ASKAさんもびっくりしてらっしゃる?」と問われると、「びっくりしてます。それで逮捕ってのはありえますかね」と話した。

警察からは「息子の方に、自宅の方に科研(科学捜査研究所)から連絡があって、アンフェタミン(覚醒剤の一種)がバッチリ出てますって連絡があったらしいんですよ。もう100パーセントあり得ないですから」と語気を強め、「ないです、ないです。僕が飲んでるのはサプリぐらいなもんです」と、繰り返し覚せい剤の使用を否定した。

また、ASKA容疑者は「『ギフハブ』っていう組織があるんですけど、そこが組織を作って、今、ARっていう仮想現実なんですけど、僕のいるところを写したりして、僕の携帯の中にそのアプリが埋め込まれてたんですよ。その証拠も取ってるんですね。携帯からそれを削除して、今はたぶんのぞかれていないと思うんですけど」などと、自身が盗聴されているという主張についても言及していた。

No image

自宅から警視庁の警察車両に乗り込んだASKA容疑者=28日午後、東京都目黒区

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
高畑充希が坂口健太郎との交際を隠しきれなかった「2つ理由」
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加