“モスル安定”閣僚級会議を20日に開催へ

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19

イラクで過激派組織「イスラム国」の拠点・モスルの奪還作戦が始まったのを受け、住民の保護などについて話し合う、モスルに安定をもたらすための閣僚級会議が、20日にフランス・パリで行われることが決まった。

イラク北部・モスルを「イスラム国」から奪還する作戦は、イラク軍のほか、クルド人部隊やアメリカ主導の有志連合なども加わって始まったが、モスルやその周辺には100万人以上が住んでいて、影響が懸念されている。このような状況を受け、フランスのエロー外相は、モスルに安定をもたらすための閣僚級会議を20日にパリで開催すると発表した。

会議では、イラクのジャアファリー外相も議長を務め、20以上の国や組織が招かれる。戦闘が行われている地域の住民を保護することや支援物資を送ること、さらにモスル奪還後の安定した統治のあり方などについて話し合うという。

エロー外相は地域住民の自由、平和、安全を取り戻すことが目的だとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
正体不明の“ゼリーモンスター”が米海岸に大量出現→砂浜で暴れる→翌日完全消失! 理学博士がトカナに緊急コメント
グリーンランドの氷床、過去140万年の間に1度溶解 研究
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される
ソロモン諸島沖でM7.7の地震、周辺国に津波の恐れ
ドイツ公共放送、難民少年のレイプ殺人報道控え非難殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加