来季導入「リクエスト」1試合2回失敗まで行使可能

来季導入「リクエスト」1試合2回失敗まで行使可能

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

日本版チャレンジ「リクエスト」【注】ポーズは一例

日本野球機構(NPB)は13日、来季から「リクエスト」制度を導入することを実行委員会で決定した。判定に異議のある際に、監督が映像によるリプレー検証を求めることができる制度で、MLBでは「チャレンジ」と呼ばれる。

リプレー検証検討委員会委員長のヤクルト江幡専務は「チャレンジのような審判に挑戦的な表現よりも、審判とチームが協力しあって、正しい判定を求める」意味から命名したと説明した。今季も本塁打の判定や、本塁クロスプレーなどでリプレー検証が行われたが、運用は審判団の判断だった。判定の公平性を求め、監督の要求を認めることになった。

来季の本拠地開催のオープン戦から採用し、公式戦は全試合で行う。用いる映像は、当該試合のテレビ中継映像で、検証時間は5分以内。行使は監督のみとし、1試合に「2回」リクエスト失敗が認められる。要求によって判定が翻った場合は、回数は減らない。延長戦では回数はリセットされて「1回」となる。行使する場合、監督は速やかにベンチ前に立ち、球審に向けて「四角」を指で作るのが合図と決められた。

ストライク・ボールの判定、ハーフスイング、自打球、守備妨害・走塁妨害か否か、インフィールドフライ、塁審より前方のファウル、ボークは、リクエストの対象外。リプレー検証によって出た、すべての決定に対して異議を唱えることはできない。異議を唱えた場合、監督は退場などと発表された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岡田圭右、大興奮「パ・リーグ党芸人座談会」に現役選手乱入
大和&増井来て~!オリックス・福良監督「あとは待つしかない」
清宮の陰ご免!DeNAドラ5・桜井、“二刀流”宣言
沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」
清宮から5連続三振の横浜DeNA5位桜井が「消える球」で清宮キラー宣言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加