【MLB】ヤ軍フレイジャーが“因縁”のメッツファンと対面 “サムズダウンポーズ”で話題に

【MLB】ヤ軍フレイジャーが“因縁”のメッツファンと対面 “サムズダウンポーズ”で話題に

  • フルカウント
  • 更新日:2018/01/22
No image

ヤンキースのトッド・フレイジャー【写真:Getty Images】

大型ハリケーン「イルマ」の影響による開催地変更が“因縁”の発端に…

共にニューヨークに本拠地を置くヤンキースとメッツ。サブウェイシリーズを戦う永遠の宿敵である両チームであるが、このほど、この2チームの間で“世紀の対面”が起きたようだ。

MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が「トッド・フレイジャーとサムズダウンのメッツファンがついに対面…陽気なサムズダウンを交わした」と題して紹介している。この話題の主人公の1人は、2017年途中にホワイトソックスからヤンキースに移籍してきたフレイジャー。そして、もう1人は長年のメッツファンのゲイリー・デュナイアー氏だ。

記事によると、2人の因縁は昨季9月11日に遡るという。メッツの本拠地「シティフィールド」で行われたレイズ対ヤンキース戦。この試合は当初、レイズの本拠地トロピカーナ・フィールドで予定されていたものの、大型ハリケーン「イルマ」の影響で開催地が変更に。ヤンキースにとって宿敵メッツのホームで、メッツ以外のチームと戦う“不可思議”な試合となったが、ヤンキースが5-1で勝利。この試合でフレイジャーは本塁打を放った。

ヤンキース内でも話題となり「ヤンキースの選手たちは塁上でこの真似をするようになった」

この時、歓喜に沸くヤンキースファンの中で、1人無表情のまま、左手の親指を地に向け“サムズダウンポーズ”をする顎髭を蓄えた男性がいた。この人物こそ、デュナイアー氏。「Cut4」によれば、「後に分かったことだが、彼は長きに渡るメッツファン」だったのだという。

このデュナイアー氏の“サムズダウンポーズ”は話題となり、ヤンキースナインにも一気に広まった。記事内でも「彼の不満を表すリアクションとまったくもって感情を感じさせない表情は、ヤンキースにフィールド上での新しいコミュニケーションの術を授けることになった。その後のシーズンで、ヤンキースの選手たちは塁上において、この真似をするようになった」と記されている。

この2人が、1月20日にロングアイランドで行われたイベントでついに対面を果たし、フレイジャーは「よかったよ。彼は立派なジェントルマンで、ついに会うことができて素晴らしかったね」とコメント。自らのインスタグラムでもデュナイアー氏と並んで“サムズダウンポーズ”を決める写真をアップ。フレイジャーは笑顔、デュナイアー氏は“あの時”と同じ無表情だが、この投稿にはファンから「これは素晴らしい」「彼はスーパースターだ」「ナイス!!!!」といったコメントとともに、多くの“サムズダウン”の絵文字が送られている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加