聖心ウルスラvs早稲田佐賀

聖心ウルスラvs早稲田佐賀

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/08/15

2年生エース・戸郷が11K完投!早稲田佐賀、積極的な攻撃も実らず

No image

聖心ウルスラvs早稲田佐賀

佐賀代表・早稲田佐賀と宮崎代表・聖心ウルスラの九州勢対決。先手を取ったのは聖心ウルスラだった。

2回表、連続の内野安打と犠打で一死二、三塁のチャンス。7番上村 奎仁(2年)が初球をキッチリと転がし、三塁走者が生還。聖心ウルスラが外野に打球を飛ばすことなく1点を先制する。

対する早稲田佐賀だが、聖心ウルスラの2年生エース・戸郷 翔征の前に沈黙。四死球の走者は出すも、3回まで無安打に抑えられてしまう。

追加点を奪いたい聖心ウルスラは4回表、四球とヒットで二死二、三塁のチャンスを作り、打席には先制のスクイズを決めた7番上村。鋭い打球が三塁手のグラブを弾き、二者が生還する適時打に。更に8番・赤木 優太(3年)にも適時打が飛び出すなど、この回一挙4得点。5対0と試合を優位に進める。

大量リードをもらった2年生エース・戸郷の好投は続く。5回裏に初ヒットを浴びるも動じることはなく、6回まで順調に0を並べていく。

しかし、終盤7回、ここまで沈黙していた早稲田佐賀打線が牙を剥く。連打で無死一、二塁の好機を作ると、8番鈴木 隆太(3年)が初球を弾き返し、左前にタイムリー。続く代打・春日 井湧(3年)も初球を叩いて一塁への適時内野安打。なんと5球で2点を奪う積極攻撃。なおも無死二、三塁、しかも上位打線に繋がる大チャンスを迎える。

しかし、聖心ウルスラの戸郷は冷静だった。球場の雰囲気に飲まれることなく、ボールをしっかりと低めに集める。1番河本 大葵(3年)は低めの変化球で空振り三振。2番宇都宮 匠(3年)は直球で詰まらせ遊飛。そして3番小部 純平(3年)は再び低めの変化球で空振り三振。早稲田佐賀に傾きかけた流れを自ら引き戻す。

粘る早稲田佐賀は、終盤も積極的な攻撃を仕掛ける。8回裏、先頭の占部 晃太朗(3年)が遊撃への内野安打で出塁。続く5番安在 悠真(2年)はバントの構えからヒットエンドランを仕掛ける。しかし、外角高めのボール球にバットが空を切る。一塁走者が二塁で刺され、チャンスが潰えてしまう。

3点差のまま迎えた9回裏、早稲田佐賀は再び無死一塁のチャンスを作る。打席の8番鈴木 隆太(3年)はここまで2安打、スタンドの期待が高まる。だが、フルカウントからの7球目、打球は無情にも投手正面へのゴロ。これが併殺打となり、万事休す。続く打者が空振り三振に倒れ、試合終了。終盤の粘りも及ばず、聖心ウルスラが2回戦進出を決めた。

最後まで積極的な姿勢を崩さなかった早稲田佐賀。7回の連打に代表されるように、ハマった時の勢いは脅威である。終盤、惜しくも積極策は実らなかったが、その姿勢が相手に与えたプレッシャーは間違いなく大きかった。

勝利した聖心ウルスラ早稲田佐賀の粘りに屈せず、エース戸郷を中心に守り切った。積極的に仕掛ける早稲田佐賀相手に、慌てることなく冷静に対処。失策こそ2つ出たものの、要所をしっかりと締めた。最終的に、戸郷は8安打11奪三振2四死球で完投。力のある直球と切れ味鋭いスライダーを武器に毎回奪三振の好投だった。

(文=編集部)

注目記事

第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。このうちドラフト指名は?
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
3人制バスケ女子の矢野 認知度向上へELT持田とイベント
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加