最新ランキングをチェックしよう
8歳を超えた愛犬の行動変化は、認知症を疑ってみましょう

8歳を超えた愛犬の行動変化は、認知症を疑ってみましょう

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2016/12/01

毎日私達に癒しをくれる愛犬が、いつまでも元気でいて欲しいという願いは、全ての愛犬家に共通するものでしょう。
でも残念ながら、ペットも人間同様に年をとると身体のトラブルを抱えたり、病気にかかり易くなってきます。
主には関節痛や内臓の病気にかかる事は広く知られていますが、8歳を超えると認知症になるリスクがあることが最近の研究でわかりました。

8歳以上の犬の約2割が認知症発症の「疑い」があり、「予備

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『雪を食べてはいけない』は常識! 極地ではどうするのか冒険家に尋ねたら意外な答えが!? 「そんな非効率なことしない」
マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き
北大教授が年収公開。その金額に意見まっぷたつ
インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる!?簡単な予防法が話題に!
専門家に聞いた!正しい姿勢で心も身体も元気はつらつ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加