元世界王者の河野が引退式「最高のボクシング人生」

元世界王者の河野が引退式「最高のボクシング人生」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/01/13
No image

河野公平(12年12月31日撮影)

ボクシング元WBA世界スーパーフライ級王者河野公平(38=ワタナベ)が12日、後楽園ホールで引退式を行った。00年にデビューし、12年に3度目の挑戦で世界王座獲得。13年の王座統一戦で敗れ陥落も、14年に再び王者となり、3度防衛した。戦績は33勝(14KO)12敗1分け。

スーツ姿でリングに上がった河野は「2度世界王者になることができ、最高のボクシング人生でした」と振り返り、「私とともに歩んでくださったすべてのみなさん、長い間本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

昨年11月の引退会見の際には、父豊蔵さんが経営するカイロプラティック治療院を「継ごうかとも思っている」と話していたが、現段階でも今後の活動は未定で、「これから奥さんと話し合います」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
柔道・井上康生監督、稀勢引退に自責の念「大胸筋断裂の“先輩”として...」
立教大1年生の美少女プロボクサー鈴木なな子がグラビア初挑戦、美ボディに惚れぼれ
TAKAみちのくK-DOJO退団 昨年不倫が発覚
那須川天心をフルボッコにしたメイウェザー「7キロオーバーだった?」茶番劇の裏事情
映画『パパはわるものチャンピオン』の世界が現実に!ゴキブリマスク再登場を示唆!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加