最新ランキングをチェックしよう
「GPS捜査」最高裁で審理、弁護士「プライバシー侵害を黙認することはありえない」

「GPS捜査」最高裁で審理、弁護士「プライバシー侵害を黙認することはありえない」

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2016/10/19

裁判所の令状をとらずに、捜査対象者の車に「GPS」(全地球測位システム)の端末を取り付けて捜査したことの違法性が争われた裁判で、最高裁は10月上旬、15人の裁判官全員による大法廷で審理することを決めた。この問題をめぐっては、下級裁判所で結論が分かれており、最高裁が初めて判断を下すことになりそうだ。
報道によると、大法廷で審理されるのは、関西などで起きた窃盗事件の裁判。関係者の車やオートバイに令状な

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「急に軽く...」2人乗り自転車から落ちた女性重体に
猫だらけ...「玉電」開通110年で特別列車登場
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
ハリケーン直撃のアレシボ電波望遠鏡、305m径巨大反射鏡の受信部落下の被害。今後の運営にも暗雲
八王子で作業員“感電死傷” 現場責任者を書類送検
  • このエントリーをはてなブックマークに追加