最新ランキングをチェックしよう
「GPS捜査」最高裁で審理、弁護士「プライバシー侵害を黙認することはありえない」

「GPS捜査」最高裁で審理、弁護士「プライバシー侵害を黙認することはありえない」

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2016/10/19

裁判所の令状をとらずに、捜査対象者の車に「GPS」(全地球測位システム)の端末を取り付けて捜査したことの違法性が争われた裁判で、最高裁は10月上旬、15人の裁判官全員による大法廷で審理することを決めた。この問題をめぐっては、下級裁判所で結論が分かれており、最高裁が初めて判断を下すことになりそうだ。
報道によると、大法廷で審理されるのは、関西などで起きた窃盗事件の裁判。関係者の車やオートバイに令状な

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「問題があったか?」の問いに、「どうなんでしょうね」 人工知能学会大会発表論文の執筆者を直撃! pixiv上のR-18小説に猥褻・有害の「レッテル貼り」で騒動に
医療的ケア必要な子ども 通学の保障置き去り スクールバスに制限
運営に問題も......ネットオークション「現金化問題」より深刻な「モンスター出品者」が増殖中!
暴力団は、そもそも何が悪い? 山口組の分裂ってどういうこと? 弁護士に聞いてみた
新名神の京都開通区間、1日約6700台が利用 周辺の高速道路も交通量増加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加