家族湯に滑り台?!鹿児島・日本湯小屋物語は大切な人と入りたい温泉

家族湯に滑り台?!鹿児島・日本湯小屋物語は大切な人と入りたい温泉

  • トラベルジェイピー 旅行ガイド
  • 更新日:2018/06/15
No image

家族湯に滑り台?!鹿児島・日本湯小屋物語は大切な人と入りたい温泉

鹿児島県でもっとも古い温泉とされる日当山温泉。県内でも日帰りで立ち寄れる家族風呂が多く集まる温泉地として有名です。日当山温泉の中でも自家源泉かけ流しの「日本湯小屋物語」は清潔なのはもちろん、カップル、家族で楽しめるこだわりが詰まった人気の家族温泉施設です。

日帰りで極上の温泉を貸切できる家族湯

No image

写真:潮 佳澄

家族温泉発祥の地と言われる日当山温泉は、鹿児島でもっとも古い温泉とされ、西郷隆盛がよく訪れたことでも有名です。日当山温泉の中でも老舗の「日本湯小屋物語」は合計11部屋の家族湯をもつ自家源泉かけ流しの日帰りで利用できる温泉施設。

「温泉で"部屋"ってどういうこと?」と思うかもしれませんが、日当山周辺の温泉は家族湯のスタイルが基本。お風呂を貸切って、延長時間ごとに料金が加算されていく仕組みです。人数では料金が変わらないので家族で入るとかなりお得感があり、男女混浴で入るのも自由。近隣の県外から訪れる人も多い人気の理由は、泉質もさることながら、大切な人との絆を深めることができる空間づくりにあります。

大切な人との絆が深まる家族湯

No image

写真:潮 佳澄

施設内の11部屋は枕草子の「をかしの世界」から四季を表現した家族風情風呂「枕草子」4部屋、「御伽噺(おとぎばなし)」がテーマの家族滑稽風呂「お伽草子」7部屋に分かれています。すべての部屋に浴室だけではなく広い休憩室があり、アメニティも充実しています。

お伽草子の部屋の中でも"羽衣天女の湯"は、内湯と露天風呂の2つがあり、休憩室にはテレビが付いたソファで寛げるスペースと化粧台のスペースのある広々とした間取りになっています。

No image

写真:潮 佳澄

お伽草子の7部屋は"花咲かじいさんの湯"や"かぐや姫の湯"といった名前で、それぞれの物語をイメージした空間になっています。

家族温泉で物語がテーマになっているのには「世代を超えて温泉を楽しんでもらいたい」というオーナーの想いがあるからです。どの世代でも知っていて話ができる日本の昔話、親子だけでなくおじいちゃんおばあちゃんとも温泉に浸かりながら昔話を語り継いでいく…家族の思い出を作ることができるようにと、真心の溢れた空間づくりがされています。

No image

写真:潮 佳澄

二代目であるオーナーの岡元さんが家族と一緒にすべての部屋を自分たちで使ってみて、試しているだけあって部屋の中には家族で温泉を楽しむのにうれしいポイントがいくつもあります。部屋の中は段差が少ないバリアフリーになっていたり、女性にとってはドライヤーやシャンプー、リンス、化粧水などがそろっていたりと細かな心遣いがされています。

源泉温度は52.5度と高めですが、"湯守"の方が源泉の状態・その日の天候や気温によって、湯量を調整してくれています。また、温泉のバルブと自家水源の天然水のバルブの両方が設置されているので、湯加減を自分で調整することもできます。

子供が思いっきり遊べるお風呂!

No image

写真:潮 佳澄

霧島・日当山温泉の周りには多くの家族風呂をもつ施設がありますが、日本湯小屋物語が一味違うのは<遊べる>というところ。中でも"浦島太郎の湯"と"金太郎の湯"にはなんとすべり台が!
大浴場ならはしゃぎすぎて怒られてしまいそうですが、貸切だからこそ思いっきり遊んでも問題なし!すべり台まで付いた家族風呂、日本全国見てもなかなかないのではないでしょうか。

写真:潮 佳澄

浦島太郎の湯では、深海をイメージした青い光が差し込み、家族でお風呂に入るという日常でありながら非日常な空間の中にいるような不思議な雰囲気があります。すべり台からダイブできる湯舟の隣は、浅い寝湯になっているので、大人は寝転がって寛げますし、赤ちゃんとも一緒に安心して入れるようになっています。

No image

写真:潮 佳澄

フロントではお風呂遊びのおもちゃ、ベビーバスを無料でレンタルすることもできます。滑り台付きの2部屋は、休憩室がフラットな和室仕様になっていて、"羽衣天女の湯"と同じくテレビまで付いている至れり尽くせりぶり。大浴場では何かと気を遣ってしまうところもありますが、思う存分遊ばせてあげることができます。

美人の湯で心も体もあったまる

No image

写真:潮 佳澄

かぐや姫の世界を表現して檜風呂が設えられた"かぐや姫の湯"も露天風呂と内風呂の両方がある部屋です。温泉と木の香りに包まれながら青空を仰ぐ…穏やかな時間を過ごしたい大人のカップルにとっても特別な思い出を紡ぐことができる温泉と言えます。

No image

写真:潮 佳澄

日本湯小屋物語の泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)。肌の表面をなめらかに整えてくれ「美肌の湯」と言われる温泉に多い泉質です。肌の汚れや古い角質を落として皮膚をやわらかにしてくれるので、すべすべのお肌を作ってくれるクレンジング効果が期待できます。日々の疲れを流し、心も体もききれいになって入った後もゆっくりと寛げる旅先の特別な時間を演出してくれます。

部屋の数だけ物語のある温泉「日本湯小屋物語」。カップルだった2人が家族なってまた訪れ、子供を連れてやってくる…そんな風に自分たちで物語を紡ぐような温泉で特別な旅の思い出をつくってほしい。

日本湯小屋物語の基本情報

住所:鹿児島県霧島市隼人町姫城2486番地1
電話番号:0995-42-3406
アクセス:
鹿児島空港より車で17分
JR肥薩線 日当山駅より徒歩15分
定休日:第4月曜日

予約について:
花咲かじいさんの湯,かぐや姫の湯,一寸法師の湯,ぶんぶく茶釜の湯,金太郎の湯は当日予約可

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

日本湯小屋物語

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不倫相手の子供を妊娠した女性に起こった「まさかの結末」に衝撃走る
【美術展】梅干しのきもちを体験!?Eテレの人気番組発「デザインあ展」がお台場・日本科学未来館で開催
大阪地震でも出社するサラリーマンたちに「日本の闇」「社畜」と不安の声
性依存症になった僕の狂った日々。そして最後に行き着いた救いとは
森田剛&宮沢りえの、あえての子抜き息抜きデート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加