最新ランキングをチェックしよう
稲垣えみ子「被災地に『戻ることもできる』可能性を残したい」

稲垣えみ子「被災地に『戻ることもできる』可能性を残したい」

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/13

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
原口のクリア中途半端、川島のパンチングミスから日本失点...本田は落ち着けのポーズ
【悲報】福岡でナイフで背中刺され男性死亡 / ネット有名人Hagex氏との情報あり「刺されるほど悪い人とも思いません」
川島がマネに“パス”失点FIFAは「コメディー」
ディズニーR、入園前にぐったり、年間パス使用不可日...値上げしても顧客満足度低下の惨状
川島の痛恨ミスによる失点に海外騒然 「W杯最低GK」「大災害」などSNSで批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加