最新ランキングをチェックしよう
稲垣えみ子「被災地に『戻ることもできる』可能性を残したい」

稲垣えみ子「被災地に『戻ることもできる』可能性を残したい」

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/13

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自動運転で買い物の走行実験、高齢化進むニュータウンで
「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)
兵庫女性不明、米国人男が契約の部屋から頭部発見
高田社長、新スタジアム構想は長崎を元気にするため
都営三田線と浅草線、停電のため一時運転見合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加