魚価高騰に悩む回転寿司、スシローが打った手とは?

魚価高騰に悩む回転寿司、スシローが打った手とは?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14
No image

●天然魚プロジェクト開始のいきさつ

あきんどスシローは、事業戦略発表会を実施し、日本国内の旬の天然魚を日本中のスシローで提供する「地元の旬の天然もの!スシロー×羽田市場」プロジェクトを発表した。魚価高騰に苦しむ回転寿司業界だが、割高で漁獲量も安定しない国内の天然魚を扱うメリットはどこにあるのだろうか。

○日本中の旬の天然魚を提供

スシローは昨年より「世界の海からいいネタ100円PROJECT」と題して、世界中の海から集めた極上のネタを100円(税別)で提供するキャンペーンを実施してきた。一方、これとは相反する取り組みとして、千葉県や大阪府といった一部地域で、その土地で獲れた天然魚を提供する「前浜プロジェクト」を展開してきた。

前浜プロジェクトについては顧客から「こういう商品を食べたかった」と評判が高かったとする一方、販売を実施した店舗からも「こういう商品をもっと多くのお客様に提供したい」という声が多く寄せられたという。通常のオペレーションに加えて追加の作業も発生するという面倒な商品でありながら、現場の士気はむしろ高かったということになる。

この前浜プロジェクトを受けて立ち上がったのが、今回発表された「地元の旬の天然もの!スシロー×羽田市場」プロジェクトだ。これは地方の漁師と直結し、朝獲れた新鮮な魚介類を羽田空港内の「羽田鮮魚センター」を通じて仕分け・加工し、その日のうちに飲食店や小売店に届ける「羽田市場」を運営するCSN地方創生ネットワークとあきんどスシローが資本業務提携し、日本各地の海で取れる旬の天然魚を全国のスシローで提供するというものだ。

●こんなお寿司が食べられる!

11月15日からスタートする同プロジェクトでは、北海道産の「生甘えび」、静岡・長崎県産の「黒むつの炙り」など全国向けのネタと、長崎県産「かますの炙り」や北海道産「つぶ貝」といった地域限定のネタに分かれており、180円~280円(税別)で提供される。レギュラーメニューが1皿100円のスシローでは、期間限定/吟味ネタと同じ高級ネタということになる。

●資本業務提携が意味すること

○日本の漁業を活性化していきたい

もともと原価率の高い回転寿司業界でも、スシローの原価率は一段と高い約50%前後と言われている。この原価率がネタの質に反映されている点が顧客に評価されているとも言えるが、天然魚プロジェクトはある意味、こうしたスシローの体質を最も如実に体現するようなものになるだろう。商品の単価こそ高めなものの、スシローが進めているコスト削減とは正反対な動きに見える。それではなぜ、スシローはこうしたプロジェクトを進めるのだろうか。

まずCSN地方創生ネットワークと資本業務提携した理由について、水留社長は、単に一過性のプロジェクトではなく、旬の国産の天然魚を提供することをスシローの事業の一部として継続的に行っていくという覚悟を示すためだと説明した。また、CSN地方創生ネットワークの事業を応援することで、全国の漁師や日本の漁業が活性化していく一助になれば、という言葉も飛び出した。

現在、漁業関係は燃料費の高騰や漁業資源の減少に加え、深刻な従事者・後継者不足に悩まされている。このままで行けば近い将来、日本の漁業は大きく衰退してしまうことが考えられる。世界中から魚を集めている一方で、寿司という日本の文化を支えるべき国産の旬の魚を獲る漁師がいなくなってしまっては、本末転倒というべきだろう。そういう意味ではスシローの取り組みは、地方の漁師に金銭面でもメリットが生まれるものであり、文化の維持という意味でも大きな意義のある行為といえる。

もっとも、そういった社会貢献の側面もさることながら、より直接的な効果のほうが大きいだろう。すなわち、競合他社との差別化と、顧客単価の向上だ。各地の旬の天然魚がメニューに並ぶというのは、地域密着型の回転寿司チェーンにはしばしば見られるが、全国展開する100円回転寿司では、一部のキャンペーンメニューを除けばほとんど例がない。寿司には旬のネタが欠かせないだけに、少し割高であってもこうした商品があるスシローを選ぶ顧客は多いだろう。ライバル社に先駆けて、鮮魚流通の革命児と言われるCSN社をおさえたのは大いに意義があるわけだ。

スシローは第34期の売り上げ目標を1700億円、利益は100億円を目指すという。こうした目標の達成には、別記事で紹介した「スシローCafe部」のようなスイーツ・サイドメニュー系の展開に加え、天然魚プロジェクトは欠かせないキーパーツとなるはずだ。温暖化の影響などもあって各地で獲れる魚種の変異や不漁といった問題も聞かれるが、こうしたイレギュラーを乗り越え、どこまでスシロー躍進に貢献することができるか、注目したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬の定番!「おでん」に入れるとおいしい炭水化物ランキング
激ウマで超人気のあのレストラン、実は全料理レンジでチン調理だった!包丁も一切使わず
ドン引き! 回転寿司デートで見てしまった男性のキモさ4選
実を言うと「吉野家」ではそばやカツ丼も食べられる
“クサイ飯”は本当にクサイのか?東京拘置所「矯正展」で売られる「プリズン弁当」を食べて真相を探ってみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加