朝ドラ「エール」はスタンド・バイ・ミーだ!初の「男の子の友情物語」に感動の渦「子役が凄すぎ」「『俺は筋は通す男だ』に泣けた...」

朝ドラ「エール」はスタンド・バイ・ミーだ!初の「男の子の友情物語」に感動の渦「子役が凄すぎ」「『俺は筋は通す男だ』に泣けた...」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/04/08

NHK連続テレビ小説「エール」で、主人公・古山裕一(石田星空)をめぐる幼なじみの村野鉄男(込江大牙)や佐藤久志(山口太幹)ら少年同士の友情物語が素晴らしいという称賛の声があがっている。
子役たちが生き生きとしているというのだ。インターネット上で特に話題になったのは、裕一が学校へ行こうとすると、通学途中の道に鉄男が現れるシーン。鉄男は「俺は筋を通す男だ」と言うと「悪かった」と頭を下げて、カバンと自分

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加