ドラゴンエアルがV 単勝1.0倍のオヤコダカ3着に敗れる/瑞穂賞・門別

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/10/11

11日、門別競馬場で行われた第50回瑞穂賞(3歳上・ダ1800m・1着賞金300万円)は、道中は後方に構えた服部茂史騎手騎乗の2番人気ドラゴンエアル(牡6、北海道・田中淳司厩舎)が、3〜4コーナーで内から進出して直線抜け出し、2着の4番人気ジュエルメッセージ(牝4、北海道・松本隆宏厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒8(重)。

さらに3/4馬身差の3着に1番人気オヤコダカ(牡5、北海道・米川昇厩舎)が入った。なお、3番人気スティールキング(牡4、北海道・角川秀樹厩舎)はオヤコダカから4馬身差の4着に終わった。

勝ったドラゴンエアルは、父タイムパラドックス、母シルクアウローラ、その父クロフネという血統。重賞はこれで3勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆ドラゴンエアル(牡6)
騎手:服部茂史
厩舎:北海道・田中淳司
父:タイムパラドックス
母:シルクアウローラ
母父:クロフネ
馬主:飯田正剛
生産者:千代田牧場
通算成績:23戦6勝(重賞3勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
筧美和子、豊満バスト押し付け急接近 密着腕組みで「もはや服着てない」「かなり良質」視聴者の妄想掻き立てる<フリンジマン第3話>
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
ヨーロッパで温水洗浄便座が広まらない3つの理由
ジャニーズ事務所、日テレに激怒!! Sexy Zone・菊池『吾輩の部屋である』で犯した大失態
【ガチ】人は死の瞬間に“自分が死んだ事実”を認識することが研究で判明! 「医者の死亡宣告も聞いた」遺体には意識が宿り続けている(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加