ユベントス会長、ウルトラスの“ダフ屋行為”に加担か 2年半の資格停止処分が浮上

ユベントス会長、ウルトラスの“ダフ屋行為”に加担か 2年半の資格停止処分が浮上

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/09/17
No image

欧州クラブ協会会長にも就任したアニェッリ氏に驚愕のスキャンダル

イタリア王者ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が、過激なサポーター集団ウルトラスの“ダフ屋行為”に加担したとして、イタリアサッカー連盟から2年半の資格停止処分を要求されていることが明らかになった。イタリアメディア「カルチョ・エ・フィナンツァ」が報じている。

アニェッリ会長は欧州クラブ協会の会長に就任した直後だが、驚愕のスキャンダルが浮上している。ウルトラスのメンバーでマフィア組織の犯罪者に対して、営利目的でのシーズンパスや入場券の便宜を図っていた疑いが持たれている。

連邦判事のジュゼッペ・ペコラロ氏はアニェッリ会長に対する2年半の活動禁止処分に加え、5万ユーロ(約660万円)の罰金を要求。そして、ユベントスに対してはホーム戦の2試合無観客試合、1試合のゴール裏入場禁止、そして30万ユーロ(約3960万円)の罰金を要求しているという。

セリエA6連覇中の絶対王者は疑惑を否定しているものの、クラブ首脳のスキャンダルに揺れている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネイマール、クラブにカバーニの売却を要求...“PK騒動”が原因か
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
レスター岡崎が1ゴール1アシストの活躍 監督が絶賛「貢献度とインパクトを証明した」
衝撃ゴールに反応...リーガ公式、ツイッターに柴崎岳のある画像を投稿
柴崎岳、芸術弾でメッシ超える高評価「テア・シュテーゲンの無失点記録を破る」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加