サガン鳥栖3戦ぶり勝利 金敏ヒョク後半ロスタイムV弾

サガン鳥栖3戦ぶり勝利 金敏ヒョク後半ロスタイムV弾

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

サガン鳥栖が3試合ぶりの勝利を挙げた。ホームで甲府に2-1の逆転勝ち。1点を追う後半20分に新加入の鄭昇ヒョンが同点弾を決め、ロスタイムに金敏ヒョクが決勝ゴールをゲット。韓国人DF2人の活躍で今季初の3連敗を阻止した。

まず7月にチームに合流したリオデジャネイロ五輪韓国代表の鄭昇ヒョンが結果を出した。CKを起点に来日初ゴール。「(前半8分に)自分のミスで失点したので取り返したかった」。終了間際には金敏ヒョクがイバルボのパスに右足を合わせ、加入4年目でのJ1リーグ戦初ゴール。「自分だけが良かったわけではない。チームが一つにまとまった結果」と謙虚だった。

守っては前節の仙台戦で負傷したGK権田に代わって今季初先発した赤星が、1失点以降は粘り強く守った。前節まで2試合計7失点から立て直した赤星は「ホッとした」と笑みを浮かべた。

次節は敵地で浦和戦。さらに鹿島、C大阪と上位との対戦が続く。「しっかり準備して頑張ります」と金敏ヒョク。この逆転勝ちで終盤戦に勢いをつける。 (前田泰子)

=2017/09/17付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
独3年目の20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー。酒井高徳はフル出場
山口DF宮城「結果的にハット」2ゴールで勝利貢献
立命大が無傷3連勝「ピリっとしない試合」米倉監督
【J1採点&寸評】神戸0-0川崎|ポドルスキはシュート1本... だが開始早々の激しさが流れを呼んだ
【横浜】鮮烈デビューを飾ったイッペイ・シノヅカは救世主になれるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加