篠原涼子「民衆の敵」いまだ2ケタ届かず7・6%

篠原涼子「民衆の敵」いまだ2ケタ届かず7・6%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

フジテレビ系連続ドラマ「民衆の敵」の出演者たち

フジテレビ系「月9」枠の連続ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜午後9時)の13日第4話の平均視聴率が7・6%(関東地区)だったことが7日、ビデオリサーチの調べでわかった。前回第3話は7・5%で、いまだ2ケタ割れが続いている。

ここ数年、苦戦が続いていた同局の看板ドラマ枠「月9」だが、前クールの「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」は、平均視聴率14・8%の高視聴率を記録。その勢いを本作でも持続できるか、月9完全復活の行方が注目されている。

主演の篠原涼子(43)演じる平凡な主婦が、家計を助けるため高額報酬を目的に、ママさん議員になるべく市議会議員選挙に立候補し、悪戦苦闘する物語だ。

第4話は、あおば市では開発が進もうとしていたニューポート計画の中止を河原田市長(余貴美子)が公約通りに宣言。この計画を推進していたのは犬崎(古田新太)の派閥。和美(石田ゆり子)は、犬崎たちがおとなしすぎるのが気にかかっていた。智子(篠原涼子)も、市長と犬崎が和解するはずがないと和美に同調する、という内容だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フジ新ドラマ『FINAL CUT』から「元SMAP・草なぎ剛が外された!?」、民放ドラマ起用は絶望的か
アメトーーク!「第3回仮面ライダー芸人」放送決定! 最新回を観る前に過去2回を総チェック
『科捜研の女』若手メンバーが沢口靖子にメロメロなワケ
Rio、明日香キララら「恵比寿マスカッツ1.5」を厳しく指導
この秋、急増して話題!! AI×バラエティーが起こす、予定調和にならないおもしろさとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加