カワサキ、エストレヤ も生産終了...ファイナルエディション発売へ

カワサキ、エストレヤ も生産終了...ファイナルエディション発売へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/04/21
No image

カワサキ エストレヤ ファイナルエディション

もっと画像を見る
カワサキモータースジャパンは、トラディショナルシングル『エストレヤ』の生産終了を発表、ファイナルエディションを6月1日より発売する。

2017年9月から継続生産車両にも適用される新排ガス規制を目前に二輪各メーカーは続々と生産終了を発表。ホンダ『モンキー』、ヤマハ『V-MAX』、スズキ『アドレスV125』など、長年ファンに親しまれてきた名車がラインアップから消え続けている。カワサキもすでに『W800』『ZRX1200』『Dトラッカー』『KLX250』の生産終了を発表。今回はクラシカルで美しいスタイリングが好評だったエストレヤが生産終了となる。

ファイナルエディションは、「650RS:W3-A」をイメージたグラフィックに専用エンブレムとデカールを配し、シックなデザインを演出した。フューエルタンクの「Final Eiditon」ロゴは水転写デカールで光沢のある美しい仕上がりを実現。さらに特別なシートデザイン、FRフェンダーとフォークカバーにクロームメッキを採用するなど、ファイナルエディションに相応しい1台となっている。

価格は57万5640円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「働き方改革」に騙されるな! 残業は「合理的」だからなくならない
資産性が高い沿線ランキング1位は○○○線
5月から「値上げ」続々 ティッシュ、バター、海苔......
まずはR32 GT-Rの部品を再生産。日産のエキゾチックカー、NISMOによって延命できそう
【フィリピン】最先端プレハブを展開するフィリピン企業CEOが来日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加