今年は一騎打ち...?沢村賞争いと受賞者の今

今年は一騎打ち...?沢村賞争いと受賞者の今

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/14
No image

巨人・菅野智之(C)KYODO NEWS IMAGES

◆ 順位争いに直結するエースの投球

いよいよプロ野球2017年シーズンも佳境。セ・リーグは広島、パ・リーグはソフトバンクが優勝まで秒読み段階となっている中、同時にクライマックスシリーズ進出争い、また1stステージの本拠地開催権をかけた2位争いも激しさを増してきている。

セ・リーグでは巨人がDeNAとの3位争いの真っ只中にあり、パ・リーグは西武と楽天が2位の座を争う。そしてそんな火花散る戦いの渦中にいるエースたちが、投手最高の栄誉・沢村賞を争うことになりそうだ。

巨人のエースといえば菅野智之。今季は自己最多を更新する15勝をマークし、防御率1.69とともにリーグトップ。勝率もタイトルの資格になる13勝以上の中ではトップの.750を記録しており、奪三振155はリーグ2位とあらゆる部門でリーグ上位につけている。

ここ数年は好投をしても援護に恵まれず、勝ち星が伸びないということも多かったが、今季はその上を行くような圧倒的な投球で試合を支配。順調に勝ち星を伸ばし、名実ともに日本のエースへと進化を遂げつつある。

一方、西武は菊池雄星がエースに成長。こちらも自己最多を更新する14勝をマークし、トップの東浜巨(ソフトバンク)を1勝差で追う2位。奪三振190と防御率2.17はリーグトップの成績だ。

昨季プロ7年目にしてようやく2ケタ・12勝を挙げた怪物左腕は、FAで岸孝之が抜けた投手陣の大黒柱として奮闘。大事なところでの失点やソフトバンクに勝てないところから厳しい意見も受けたが、今では立派にエースとしてチームを支えている。

夏場には“反則投球”問題に巻き込まれながらも、しっかりと修正してここ2戦は完投・完封と圧巻の投球で2連勝。菅野がリードしていたかに見えた沢村賞争いに待ったをかけた。

【沢村賞争い】
▼ 菅野智之(巨人)
22試(完投5) 15勝5敗 勝率.750 投球回165.1 奪三振155 防1.69

▼ 菊池雄星(西武)
23試(完投6) 14勝6敗 勝率.700 投球回165.2 奪三振190 防2.17

☆沢村賞選考基準
(1)登板数:25以上
(2)完投数:10以上
(3)勝利数:15勝以上
(4)勝 率:6割以上
(5)投球回:200回以上
(6)奪三振:150個以上
(7)防御率:2.50以下

◆ 沢村賞投手は呪われる...!?

菅野と菊池…ともに初の沢村賞をかけた争いとなっているが、この「投手最高の栄誉」とも呼ばれる賞にまつわる“不安”がある。というのも、近年の受賞投手が軒並み不振に苦しんでいるのだ。

最近10年の受賞者と、彼らの今季の成績を以下にまとめてみた。

【直近10年の沢村賞受賞者と今季の成績】
・2007年:ダルビッシュ有(日本ハム)
[当時成績] 26試 15勝5敗 防1.82
[今季成績] 22試 8勝12敗 防4.25 ※現ドジャース

・2008年:岩隈久志(楽天)
[当時成績] 28試 21勝4敗 防1.87
[今季成績] 6試 0勝2敗 防4.35 ※現マリナーズ

・2009年:涌井秀章(西武)
[当時成績] 27試 16勝6敗 防2.30
[今季成績] 23試 5勝10敗 防3.75 ※現ロッテ

・2010年:前田健太(広島)
[当時成績] 28試 15勝8敗 防2.21
[今季成績] 26試 12勝6敗 防4.21 ※現ドジャース

・2011年:田中将大(楽天)
[当時成績] 27試 19勝5敗 防1.27
[今季成績] 27試 11勝11敗 防4.82 ※現ヤンキース

・2012年:摂津 正(ソフトバンク)
[当時成績] 27試 17勝5敗 防1.91
[今季成績] 5試 0勝2敗 防6.93

・2013年:田中将大(楽天)
[当時成績] 28試 24勝0敗 防1.27
[今季成績] 27試 11勝11敗 防4.82 ※現ヤンキース

・2014年:金子千尋(オリックス)
[当時成績] 26試 16勝5敗 防1.98
[今季成績] 24試 11勝7敗 防3.66

・2015年:前田健太(広島)
[当時成績] 29試 15勝8敗 防2.09
[今季成績] 26試 12勝6敗 防4.21 ※現ドジャース

・2016年:ジョンソン(広島)
[当時成績] 26試 15勝7敗 防2.15
[今季成績] 11試 6勝3敗 防4.13

過去10年間で田中将大と前田健太がそれぞれ2回受賞しているので、受賞者の人数は8人。うち5人が海を渡ってメジャー挑戦しているということもあるが、いずれも本来の力を発揮できていなかったり、または物足りない数字が並んでいる。

沢村賞に輝く実力がある投手と言えども、その活躍を続けていくのは困難ということ。今季の沢村賞争いの行方とともに、彼らの“来季以降”の成績からも目が離せない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
トランプ氏と米プロスポーツ界、深まる確執
ウォール・ストリート・ジャーナル
ノムさん、巨人・村田をバッサリ「見ていると現役復帰したくなる。まだ俺の方がましやろ」
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加