最新ランキングをチェックしよう
「できれば、滑稽な死に方をしてみたい」奇想の作家・山田風太郎に学ぶ、死と向き合う作法

「できれば、滑稽な死に方をしてみたい」奇想の作家・山田風太郎に学ぶ、死と向き合う作法

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/10/12

『半身棺桶』(山田風太郎/筑摩書房)
 みずからの死と向き合い、死への準備をする――“終活”という言葉は、すっかりわたしたちの生活に定着したのではないだろうか。死に関する書籍も数多く出版されるなか、ひときわ異彩を放つ1冊がある。忍法帖シリーズや『魔界転生』、さらに数々の奇想小説を世に送り出した一大作家・山田風太郎のエッセイ集『半身棺桶』(筑摩書房)である。
 存命中は本書をはじめ、死を見つめる著書

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
500円でお釣りが来ちゃう!?売り切れ必須のファーミニショルダー!!
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
自慢のつるんとたまご肌を保つ秘訣!スキンケアはこれ!!
ホームから人が転落... 居合わせた人の行動に「頭おかしい」「怖い」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加