楽天が今季初の対外試合に勝利 前ソフトBの山下斐紹が決勝打!

楽天が今季初の対外試合に勝利 前ソフトBの山下斐紹が決勝打!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/02/14
No image

9回裏に決勝適時打を放った楽天の山下斐紹

◆ 昨年11月、西田哲朗とのトレードで楽天入り

楽天は14日、対外試合初戦となる練習試合を行い、新加入・山下斐紹捕手の活躍などで、韓国・KIAを5-3で下した。

投げては先発の森が、3回を1安打3奪三振無失点の好投。4番手の小野が7回に一挙3失点を失ったが、2番手の古川は2回無失点、3番手の西宮は1回無失点、5番手の菅原は2回無失点と好投した。

打線は6回、8番フェルナンドが左前打で出塁すると、特別代走の島井がすかさず二盗に成功。無死二塁から9番八百坂が一塁線を破る適時三塁打を放ち先制すると、続く堀内も中前適時打を放ち2-0とした。

2-3の8回は、下妻の右犠飛で同点。9回は再び島井が二盗を決めたあと、代打で登場した山下が、決勝打となる適時打を右前へ運んだ。本来ならサヨナラ勝ちとなるところだが、この試合は9回完了制の特別ルール。楽天はその後、フェルナンドの右前適時打でさらに加点し、最終スコアを5-3とした。

梨田監督は試合後、「山下、島井らが特徴を出してくれた」とコメント。山下は昨年までソフトバンクでプレーし、11月に西田哲朗との交換トレードで楽天入り。練習試合とはいえ、インパクトある新天地デビューとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
流鏑馬に水泳、ボッチャも=五輪記念硬貨の図柄決定
島谷ひとみ 今年こそ!カープ日本一「期待マックスです」
広島は19歳左腕、巨人はドラ1野手...12球団“次なる新星”は誰?
大谷25日早朝デビュー戦 NHKBS1が生中継
ロッテ、重光氏は球団オーナー代行辞任。後任は乳酸菌ショコラの人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加