最新ランキングをチェックしよう
西武・外崎「必死で」14球粘って先制犠飛 ソフトB千賀との好勝負に大歓声

西武・外崎「必死で」14球粘って先制犠飛 ソフトB千賀との好勝負に大歓声

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇パ・リーグ 西武―ソフトバンク(2017年9月17日 メットライフD)
 西武の8番・外崎が、ソフトバンク先発・千賀に対して実に14球粘った末に先制点をもぎ取った。
 2回1死満塁で打席へ。ボール、見逃し、空振りと、3球で追い込まれてから驚異の粘りを発揮。ファウルを1球挟んでボール2球でフルカウントとなり、ここから7球連続ファウルだ。直球は全て150キロ超。1球ごとにスタンドのざわめきと歓声は大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
ロッテ田村にノルマ打率.280“ずっと8番じゃダメ”
現役生活21年。井口資仁がもっともスゴいと感じた選手とは
痛みで箸が持てないことも...鷹の154キロ18歳左腕が胸中激白、手術回避の理由
松坂の中日入団テスト中 選手のブルペンは使用不可に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加