最新ランキングをチェックしよう
西武・外崎「必死で」14球粘って先制犠飛 ソフトB千賀との好勝負に大歓声

西武・外崎「必死で」14球粘って先制犠飛 ソフトB千賀との好勝負に大歓声

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇パ・リーグ 西武―ソフトバンク(2017年9月17日 メットライフD)
 西武の8番・外崎が、ソフトバンク先発・千賀に対して実に14球粘った末に先制点をもぎ取った。
 2回1死満塁で打席へ。ボール、見逃し、空振りと、3球で追い込まれてから驚異の粘りを発揮。ファウルを1球挟んでボール2球でフルカウントとなり、ここから7球連続ファウルだ。直球は全て150キロ超。1球ごとにスタンドのざわめきと歓声は大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「東京ゲームショウ2018」で発見!会場を沸かせた美人コスプレイヤー大特集
やく氏、相撲協会は「貴乃花親方が退職することまで想定していたのだろうか」
ビルの9階からアライグマが力尽きて落下!しかし驚異の身体能力を発揮する!
『ヒルナンデス』マギーの卒業に「不信感しか...」 オリラジとの温度差が残酷
貴乃花親方の届け出受理しない協会は子供 元貴闘力「何も考えてないから...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加