ブレーメン大迫 今季リーグ初得点の同点弾、直後失点で黒星

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/26

◇ドイツ1部リーグ・第2節 ブレーメン2―3ホッフェンハイム(2019年8月24日 ホッフェンハイム)

日本代表FW大迫勇也が今季リーグ初得点(公式戦2点目)を決めた。

開幕からリーグ2戦連続、ドイツ杯を含めると公式戦3試合連続で先発出場。1―2と逆転を許した後、退場者が出て数的不利で迎えた後半36分にゴールネットを揺らした。

ショートカウンターからからパスを前線中央で受けると、ボールを右に持ち出して相手1人をかわし、冷静に右足でゴール右隅へ蹴り込んだ。

両手でガッツポーズをしながら歓喜の雄叫び。直後に右足をつった影響で後半41分に交代を余儀なくされた。その1分後にチームは失点。大迫の同点弾を生かせず、開幕2連敗と厳しいスタートとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名古屋風間監督が解任 後任フィッカデンティ氏濃厚
永井秀樹が明かす突然の監督就任の裏側。ヴェルディ再建へ腹をくくった
C大阪瀬古、初ダービーのG大阪戦「絶対に勝つ」
浦和DF槙野智章、審判侮辱発言で処分「天皇杯には出場できませんが...」
名古屋がファン感謝デー 小西社長、監督問題で陳謝「決まったことは順次発表」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加