エアアジア・ジャパン、愛知県と包括連携協定 年内に4路線に拡充

エアアジア・ジャパン、愛知県と包括連携協定 年内に4路線に拡充

  • Traicy
  • 更新日:2019/03/25
No image

エアアジア・ジャパンは3月22日、愛知県と包括連携協定を締結した。

愛知県名古屋市の愛知県公館で開かれた締結式には、愛知県の大村秀章知事とエアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)、エアアジア・ジャパンの谷本龍哉会長が出席した。

No image

協定は、(1)観光振興に関すること、(2)食・農林水産業の振興に関すること、(3)産業振興に関すること、(4)人材の育成に関すること、(5)その他、本県の地域活性化に資することの5項目から構成されており、中部国際空港の利用促進を図り、愛知県の地域活性化を推進する。愛知県が航空会社と包括協定を締結するのは初めて。

No image

エアアジア・ジャパンは、中部国際空港を拠点に、札幌/千歳・台北/桃園線の2路線を運航している。夏前にも仙台線、年内にもソウル/仁川線の開設を目指す。グループのエアアジアXは、8月にクアラルンプール線を開設する。

No image

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
飼料と肥料に革命を起こすハエ技術のムスカ、丸紅に続き伊藤忠と提携し10億円超調達へ
子や孫に勤めてほしい企業とは? 全国の20~69歳に調査
ジープ&アルファロメオが今、日本で“すさまじい勢い”で販売急増の理由
信頼性や安心感があると思う損害保険会社ランキングTOP3
45歳以上はクビ!? NEC、富士通、コカ・コーラetc.でリストラが進行中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加