阪神・俊介、攻守に存在感!「積極的に打ちにいきました」

阪神・俊介、攻守に存在感!「積極的に打ちにいきました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

(セ・リーグ、巨人5-2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)3試合ぶりの先発出場の俊介は二回、1点を先制して、なお二死二、三塁から右前適時打を放った。「いい流れで回ってきた打席でしたし、積極的に打ちにいきました。もう1点ほしいところで打ててよかったです」。中堅の守備でも三回、先頭の亀井の当たりをスライディングキャッチ。八回無死一、二塁でも坂本の飛球を好捕するなど、攻守に存在感を示した。

No image

2回、適時打を打つ阪神・俊介=東京ドーム(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
広島にWショック...誠也が骨折で今季絶望的&2夜連続サヨナラ負け
緒方監督、沈痛 鈴木の骨折に「いるメンバーでやるしかない」
誠也 右足首剥離骨折!ジャンプして好捕もまさかのアクシデント
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加