環境省「国立公園オフィシャルパートナーシップ」にJALとANAも締結

環境省「国立公園オフィシャルパートナーシップ」にJALとANAも締結

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

環境省は11月28日、国立公園満喫プロジェクトの一環として、民間企業と相互に協力して日本の国立公園の魅力を世界に向けて発信し、国内外の利用者の拡大を図るため、国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムを開設。JALとANAを含む12の企業とパートナーシップを締結した。

No image

国立公園オフィシャルパートナーのロゴ(日本語版と英語版)

国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムは、環境省と企業または団体が相互に協力し、日本が世界に誇る国立公園の美しい景観と、国立公園に滞在する魅力を世界に向けて発信し、国内外からの国立公園利用者の拡大を図ることで、人々の自然環境の保全への理解を深めるとともに、国立公園の所在する地域の活性化につなげるためのパートナーシッププログラム。

国立公園オフィシャルパートナーを締結した企業等は、ロゴマーク使用規約に基づき、無償でロゴマークを使用ができる。ロゴマークは、「日の丸」をイメージした中に緑色で山や森、青色で海あるいは湖を表すことで、全体として日本の国立公園を表現。白い山の稜線は、これから伸びていくというイメージとともに、アルファベットのNに見えることから、NatureのN、National ParkのN、そしてNipponのNという思いも込めている。飛んでいる2羽の鳥はイヌワシをイメージ。イヌワシは、ずっと同じペア関係を維持すると言われていることから、この2羽でパートナーシップを表現している。

JALは、グループ機内誌での紹介のほか、JAL機内ビデオ(国際線、国内線)での紹介、JAL ウェブサイトでの紹介、国立公園を活用した旅行商品の造成に取り組む。ANAは、自社インターネットサイトでの紹介や、ホームページと連携してANA所有のメディア(機内誌、機内視聴映像)や関連メディア等での紹介、ANAグループ旅行会社でツアーの企画などを予定している。

パートナー企業(12社)一覧(2016年11月28日時点、五十音順)
九州旅客鉄道
KNT-CTホールディングス
サントリーホールディングス
ジェイティービー
四国旅客鉄道
全日本空輸
東海旅客鉄道
西日本旅客鉄道
日本航空
日本旅行
東日本旅客鉄道
山と溪谷社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
ユニクロに1年潜入取材してみた!
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加