ダノンプラチナ動きはひと息も馬体増は歓迎/富士S

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

<富士S:追い切り>

ダノンプラチナ(牡4、国枝)は美浦ウッドで3頭併せ。大きく先行した2頭との差をじわじわと詰め、外カレンリスベット(古馬1600万)に1馬身半遅れ、中ロジブリランテ(2歳新馬)と併入した。タイムは6ハロン82秒0-13秒9。

動きはひと息だが、国枝師は「体が増えているのはいい傾向。ディフェンディングチャンピオンとして頑張ってほしい」と連覇を期待していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
自分の抜け毛で作られた『帽子』を被ったネコたち。ほのぼのカワイイ写真が話題に...(* ́ェ`*)♡ 9枚
『相棒』の頃から異変が... 成宮寛貴「薬物疑惑報道」の背景
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
1位は知りたくない真実...イマドキ男性の「経験人数」2位11人以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加