東京為替:ドルは112円台前半で推移、株安をやや意識した相場展開に

東京為替:ドルは112円台前半で推移、株安をやや意識した相場展開に

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/13
No image

株式会社フィスコ

13日午前の東京市場でドル・円は112円20銭近辺で推移。日経平均株価は小幅安で推移しており、この影響でドルの上値はやや重くなっている。ただし、本日発表される米小売売上高や消費者物価指数を控え様子見姿勢が強まっており、ドル・円は112円台前半でこう着状態になる可能性もあるとみられている。ここまでのドル・円は112円19銭から112円31銭で推移。

・ユーロ・円は、132円75銭から132円89銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1825ドルから1.1838ドルで推移

■今後のポイント
・112円近辺には顧客筋、個人勢のドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値50.80ドル 安値50.70ドル 直近値50.74ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
王者セブンを焦らせる、ファミマの「ファストフード」売上28%増
ロッシとバトルするロボット? ほか、ヤマハ発動機の東京モーターショー2017出展概要
「タペストリー」に改名のコーチ、 より激しい競争に直面へ
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
「ココイチ創業者」学校に6億円超の楽器を寄贈...ネット上に賞賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加