ハリウッド版『デスノ』L役俳優、日本版の松ケンを研究「歩き方を参考に」

ハリウッド版『デスノ』L役俳優、日本版の松ケンを研究「歩き方を参考に」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/05
No image

世界最大級のオンラインストリーミングサービス・Netflixのオリジナル映画『Death Note/デスノート』が現在配信中だ。日本のマンガ界が誇る大場つぐみ(原作・原案)と小畑健(作画)による少年ジャンプの大人気コミック『デスノート』のハリウッド実写映画版で、話題作への出演が続くラキース・スタンフィールドが天才探偵Lを好演している。その役作りでは、日本版『デスノート』(06)で同役を演じた松山ケンイチの演技も大いに参考にしたそうで、撮影ではLの内面まで掘り下げてドラマチックに熱演! 作品が投げかけるメッセージも含め、本作への想いを聞いた。

――そもそも『デスノート』は、どれほどの人気がそちらではありますか?

アメリカでもすごく人気があるよ。ただ、日本のオリジナルのマンガやアニメは僕自身、観たことがなかったけれど、弟は知っていたかな。あとは僕がL役で映画に出ることを友だちに話したら、「おお! あれか!」ってリアクションがすごかったよ(笑)。

――L役を演じるにあたって何か参考にしましたか?

アニメーションと漫画の一部を参考にしたよ。それと日本の実写映画を観た。とてもいい映画で、Lというキャラクターを僕が演じる上で、すごく参考になったよ。今回の役作りはいくつかの段階があって、最初はアニメのLを完コピしようと思っていた。彼の座り方や物を手にする際の仕草や目線、声をそのまま真似てみたりね。完璧にコピーした状態でオーディションに行ったよ(笑)。

――ただ今回、完コピではなかったですよね?

そう。撮影が始まると、監督や製作者側の意図があるので、いろいろと変えていった。実際には彼は黒い衣装でマスクをつけていて靴も履いているけれど、そういう意見を反映しているからだよね。でも最初はまさしく裸足で白い服を着ていて、日本のLの衣装を着る気マンマンだった(笑)。松山ケンイチさんの演技もかなり参考にしていて、歩き方は大いに参考にしたよ。片方の手をポケットに入れて、ゆっくり猫背で歩くとかね(笑)。

――彼の内面的には、どういう風に理解をしましたか?

彼は子供時代を奪われた、子どもらしく生きる時間がなかったと思ったよ。勉強をしなくてはいけなくて、探偵としてのエリート教育を受けなければいけなかった。そういう育ち方をしているということを大事にしたかった。それと同時に、遊び心的なところも少しだけ表現するようにした。たとえば、女子生徒との接し方などで時折みせる弱さとかね。そういうことを念頭に置いて演技をしていたよ。後は感情面。普段は冷静で感情的にならないけれど、ものすごく怒ったりすることもあるような気がしていてね。だから、何かがきっかけでものすごく怒ったりするようなこともあり得るだろうと思っていたよ。

――ところで、日本は初めてだそうですね。『デスノート』が生まれた国という意味で、何か感じるものはありましたか?

日本でこの物語が生まれたことにまず驚いたよ。日本は清潔で安全で素敵な場所だったから、こういう物語が生まれるとはね。でもある意味で納得するところもあって、本当によく出来ている話だとも思う。オリジナルの漫画やアニメを観ているから、自分がその世界にいることの実感もすごくわくよ。だから、ここ日本で『デスノート』について話していることが、すごくしっくりくる。アメリカで話していても、いまいち世界観が違うので、ピンと来ないことも多々あった。違和感だよね。でも日本に来ていたら実感がわくので、ある意味不思議な感じもするけれども、自分の中ではつじつまが合っている感じだよね。

――ただ、善とか悪とかジャスティスとか、どっちかっていうとアメリカっぽい感じがしていて、そちらで実写化した今回の作品も、それはそれでしっくりとくる印象でした。

本当にその通りだね! アメリカの映像作品は善と悪がくっきりわかれているものが多く、善が悪をやっつけるよね。だからこそ今回の作品で描くように、そこはグレーな境界線であって、誰が悪かははっきりしないという、その議論がもっと必要だよね。皆がそこに行きつくまで、文化が熟成していないのかもしれない。もっと疑問を感じるべきだね。

――そういう意味では、普遍的で全世界的に通じるテーマを描いているのでしょうね。

もっと精神的な、哲学的な話題をするべきだよね。どうして人間には生と死をつかさどる権利があるのかとか、ね。どうしても善と悪、男はこうあるべき、女はこうあるべき、などとう描写が多くなって、現実には必ずしもそういうものばかりではないからね。東洋の思想から学べるべきものも大きいはずで、そうすることで考え方を広げていける。映像作品では、もっとそういうことを描いたほうがいいね。

■プロフィール

キース・スタンフィールド

1991年8月12日生まれ。アメリカ、カリフォルニア州サンバーナーディーノ出身。貧しい家庭で育ち、高校生の頃に俳優を目指し始める。2013年、デスティン・クレットン脚本・監督作品『ショート・ターム』の演技で大いに注目を集め、一気にキャリアアップ。『パージ:アナーキー』(14)、『グローリー/明日への行進』(14)、『DOPE/ドープ!!』(15)、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(15)、オリバー・ストーン監督作品『スノーデン』(16)など話題作への出演が絶えず、順調にキャリアを重ねている。また、Moorsというバンドでミュージシャンとしても活躍中で、ボーカルとして多彩な才能を発揮している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『スターウォーズ/最後のジェダイ』はとんでもない傑作だ!
マーベル史上最もミステリアスなヒーロー『ブラックパンサー』予告編解禁!
12月15日の注目映画第1位は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
劇場版ポケットモンスター2018年最新作のポスター&特報解禁!
最新作を見る前に「スター・ウォーズあるある」ネタバレも注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加