武漢から帰国した日本人の取材に疑問噴出 「マスクの付けかたが...」

武漢から帰国した日本人の取材に疑問噴出 「マスクの付けかたが...」

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/01/29
No image

(y-studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界を恐怖で包み込んでいるといっても過言ではない、新型コロナウイルス。日本国内でも感染者が発見されており、深刻さは日に日に増していっている。

■武漢より帰国した日本人

29日午前、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国・武漢に在留していた日本人206名が政府チャーター機で帰国。そのうち男性2名が羽田空港にてメディア取材に応じた。

『とくダネ!』(フジテレビ系)などの情報番組では取材の様子がリアルタイムで流れ、「現地での対策」や「機内の様子」といった事柄が語られている。

関連記事:武漢に建設中の肺炎専門病院の現場とは 中国ジャーナリストは「一国の問題」

■視聴者が疑問に感じたのは…

貴重な情報が明かされたが、多くの視聴者は男性らの「マスクの付けかた」に疑問を感じているよう。ネット上では「2人ともマスクしてるけど、鼻が全然隠れてない…」「マスコミの人たちもかなり近づいてるけど、あのマスクの付けかただと危ないよね」といった声が散見された。

「電話取材のほうが安全だったのでは」などの意見も少なくなく、今回の取材そのものに違和感を抱いた人も多いようだ。

関連記事:メルカリで3箱1000円のマスク 「元の値段」に目を疑った…

■危機意識の少なさなのか…

しらべぇでも既報のとおり、武漢市にはマスクの着用を拒否する高齢者も見られるという。一方、日本国内では中国人旅行客による「マスクの買い占め」も発生するほど危機意識が高まっているが、用法を誤っていては本末転倒。

マスクを着用する際は、正しい付け方を心がけたい。

・合わせて読みたい→中国で流行する新型コロナウイルスの予防策は? 厚労省は「基本的な習慣が有効」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺
ウイルス騒動への寄付額わずか100ユーロ、それでも中国ネット民が続々感謝を示した国とは・・・
新型肺炎の裏で進む北朝鮮消滅。米のシナリオに乗せられた金正恩
米空港で中国人渡航者が大量の鳥の死骸を所持 袋には奇妙な日本語
韓国経済がピンチ...「新型コロナショック」「失業率上昇」のWパンチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加