サッキ元代表監督が語る今の伊サッカーに必要なもの

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14

元ACミラン、元イタリア代表監督のサッキ氏の独占インタビューが、14日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトに掲載された。

以下、その抜粋。

「ナポリは将来のチームだ。トッププレーヤーがいなくても、クオリティーと高い価値を持っている。サリ監督により今後も向上して行くだろう」

「(ユベントスの)アレグリ監督はイタリアサッカー史上で最も優秀な監督の1人だ。ただしサッカーの美的感覚も追わなければならない」

また、なぜ今のイタリアサッカーは面白くないのかというテーマについて「70年前の戦術重視で止まってしまったからだ。勝つことだけを考え、勇気や情熱、醍醐味(だいごみ)あるサッカーを考えなくなってしまった」と話した。

「私は個人の技術向上にはあまり時間を費やさなかった。チームはシンクロナイズされて、つながりを保ちながら連動しなければならない。コンパクトになれば、近くから適切な瞬間にパスを受けることになる。60%ボールキープしていれば、ボールを触る時間が長くなり、おのずと向上する。フリットは練習中に高い技術を持っていないことがわかったが、試合になるとミスを犯すことは全くなかった。イタリアは若手育成をもっと重視すべきだ」とも話している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
移籍間近?...モウリーニョがサンチェス獲得に言及「今回は特別な状況」
バルサ初黒星 メッシPK失敗
ヘルタ原口元気、浦和復帰も選択肢か...英国とドイツからもオファー
斎藤学、移籍批判にSNSで思いつづる「ひとつだけ言わせてもらいたい」
ヘディング弾の香川真司を現地メディアは高めの評価。「効果的ではなかったが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加