川崎F、屈辱払しょく3発!ACLの敗退から中2日でも快勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇明治安田生命J1リーグ・第26節 川崎F3―0清水(2017年9月16日 アイスタ)

川崎Fが3発快勝でACLの悪夢を払しょくした。浦和との準々決勝で大逆転負けを喫し、中2日で迎えた敵地・清水戦。主将の小林は「体はキツかったけど、みんなしっかり戦って、走って奪った勝利」と振り返ったように、開始から気持ちのこもったプレーで相手を圧倒した。

中でも光ったのがDF車屋だ。1―0の前半25分に小林のリーグ4戦連発を左足クロスでアシストした。13日の浦和戦では、足を高く上げたプレーが危険と見なされ一発退場。シャワー室で一緒になった小林に「すみませんでした」と話すなど責任を背負い込み、翌14日は志願のハードメニューを消化した。海外では不可欠な激しさを伴うプレーで微妙な判定だっただけに、「どこまで(危険な)ラインなのか難しいところがあって今日も頭をよぎった」と振り返ったが、「激しさは失ってはいけない」とこの日も積極的な姿勢を貫いた。

ACLの悔しさを乗り越えハード日程もはね返す快勝。悲願のタイトル獲得へ川崎Fが再び勢いを取り戻した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
横浜ヴィエイラ、前夜3発の興奮冷めらやらず
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
明かされた“金崎事件”の真相。解任の理由はACL敗退以外にも【石井正忠×岩政大樹#3】
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加