巨人 今村は4回3失点で降板

巨人 今村は4回3失点で降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

1回、広島打線に連打され苦しむ巨人・今村

「広島-巨人」(13日、マツダスタジアム)

6月2日以来の1軍マウンドとなった巨人先発・今村が4回3失点で降板した。

初回、先頭・田中の内野安打と盗塁で無死二塁。菊池に右前打を許し、捕球した右翼・長野が送球動作に入ったところで転倒。その間に二走・田中が生還した。さらに安打と四球で無死満塁となり、松山の犠飛で1点。その後、2死一、二塁から西川に右前適時打を浴び、この回3点を失った。

二回以降は粘りの投球。三回1死一塁では新井を併殺打に打ち取り、四回無死一、三塁では後続を断ち、追加点を与えなかった。五回の攻撃で代打を送られての降板となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ注目の花咲徳栄・西川が猛打!「関東対決」前橋育英を粉砕
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加