最新ランキングをチェックしよう
コンピューター用語の「ハッカー」はいつ頃から使われるようになったのか?

コンピューター用語の「ハッカー」はいつ頃から使われるようになったのか?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/03/19

by Lisa Brewster
コンピューターを初めとする電子機器や電気回路に精通し、一見すると不可能な問題をその知識と技術を使ってクリアする人を「ハッカー(Hacker)」、その行為を「ハッキング(Hacking)」と呼びます。本来「ハックする(Hack)」は英語で「乱暴にたたき切る、切り刻む」という意味を持ち、俗語では「うまくやり抜く」という意味で使われますが、「『ハッカー』がいつからコンピ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
使いこなしてる?Google Homeでできる便利なスキル30選
ボイスレコーダー機能も!翻訳オペレーター常駐のスティック型AI翻訳機「ONE Mini」は世界12ヶ国対応
一度使うと有線タイプには戻れない!Jabraの完全ワイヤレスイヤホン「Elite Active 65t」で振り返る平成の名曲
平成を生き延びられなかったインターネットの象徴たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加