最新ランキングをチェックしよう
コンピューター用語の「ハッカー」はいつ頃から使われるようになったのか?

コンピューター用語の「ハッカー」はいつ頃から使われるようになったのか?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/03/19

by Lisa Brewster
コンピューターを初めとする電子機器や電気回路に精通し、一見すると不可能な問題をその知識と技術を使ってクリアする人を「ハッカー(Hacker)」、その行為を「ハッキング(Hacking)」と呼びます。本来「ハックする(Hack)」は英語で「乱暴にたたき切る、切り刻む」という意味を持ち、俗語では「うまくやり抜く」という意味で使われますが、「『ハッカー』がいつからコンピ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【Amazonプライムデー】Chromebookがなんだかわからなくてもポチっていいレベル
セブンペイ問題の根本要因。日本の悪習慣「ウォーターフォール」
TIS、テレワークに必要な「接続時間管理機能」
ソニーが新ミラーレス「α7R IV」、有効6100万画素
Raspberry Pi 4パフォーマンスベンチマークテストの結果が公開

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加