小平奈緒銀「もう一段高いところで2人で」W表彰台

小平奈緒銀「もう一段高いところで2人で」W表彰台

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

女子1000メートルで2位の小平(右)は3位高木美と記念撮影(撮影・山崎安昭)

<ピョンチャン五輪:スピードスケート>◇14日◇女子1000メートル

スピードスケート短距離のエース小平奈緒(31=相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得した。高木美帆(23=日体大助手)も3位で続き、同種目の日本人女子2人が表彰台に立つのは史上初の快挙となった。

「今日は順位とかメダルのことより、氷としっかり対話して自分の好きなように味わおうと思っていました」。

レースは徐々にスピードに乗って600メートル通過地点では1位。ただ、オリンピックレコードをたたき出したヨリン・テルモルス(オランダ)にコンマ26秒及ばずフィニッシュ。掲示板に目を向けると悔しさそうな表情を浮かべた。

「気圧もどんどん下がっているので、タイムは出ると予想していたんですけど、私もこれくらいのタイムで滑られるかもしれないと思いましたし、しっかり自分に集中していきました。(高木美帆と表彰台に立ち)もう一段高いところで2人で並べたら最高でしたが、残すはあと1種目なので、お互いそれぞれの種目に集中したい」。18日に行われる500メートルに向けて健闘を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ザギトワ、フィギュアのルールに一石...「得点主義」「フィギュアじゃない」と批判殺到
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
「セックス中どんな顔をすれば......」セフレ7人の女の悩みに、プウ美ねえさんが全力回答!
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
安藤美姫に平昌五輪関係の仕事がなかった本当の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加