綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」最終話視聴率発表

綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」最終話視聴率発表

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/12/07

【奥様は、取り扱い注意/モデルプレス=12月7日】女優の綾瀬はるかが主演を務めた日本テレビ系新ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜よる10時~※最終話は10分拡大)の最終話が6日に放送され、平均視聴率は14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

No image

(写真 : 綾瀬はるか/「奥様は、取り扱い注意」最終話より(画像提供:日本テレビ))

「奥様は、取り扱い注意」菜美(綾瀬はるか)、覚醒 勇輝(西島秀俊)との衝撃ラスト<最終話>

初回は平均視聴率11.4%、第2話は11.3%、第3話は12.4%、第4話は11.2%、第5話は14.5%、第6話は12.9%、第7話は12.7%、第8話12.4%、第9話13.6%と好調をキープしてきた。

全10話すべての平均視聴率で2桁を記録し、有終の美を飾った。

◆綾瀬はるかのアクションが話題「奥様は、取り扱い注意」

同作は、史上最高にキュートで危険なヒロインが主婦たちのピンチを救うストーリー。料理も掃除も家事一般はド下手だけど、正義感が超強く、怒らせたら超危険なセレブ専業主婦・伊佐山菜美を綾瀬、友人と共同でIT企業を経営しているセレブで、少し天然な菜美の行動も笑顔で許す優しい旦那・伊佐山勇輝(いさやま・ゆうき)を俳優の西島秀俊が演じた。ほか、菜美が人生で初めて友情を育む主婦友役を女優の広末涼子本田翼が務めた。

最終話では、と勇輝(西島秀俊)が公安の人間だったことが発覚し、菜美(綾瀬)との激しいバトルが勃発。お互いへの愛を再確認するも、ラストには勇輝が菜美に拳銃を向け、“平穏”な街に銃声が響き渡ったシーンで幕を閉じた。夫婦の結末が視聴者の想像に委ねられた展開に、ネット上では驚きや続編を期待する声が殺到している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
読者が選ぶ「17年ジャニーズ版・今年の顔」ランキングを発表<1位~10位>
市川紗椰、1年半ぶり『タモリ倶楽部』復帰「めっちゃ楽しみにしていた」
【逃げろ】2018年の正月が心の弱い人を全力で殺しに来てる件
ジャニーズ名番組惨敗......今年の「ガッカリ番組」「良すぎた番組」をテレビ関係者がランキング
とんねるずが頭を下げて「謝罪」、みなおか終了にファン悲痛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加