「ビッグマック」の生みの親マイケル・デリガッティ氏死去 98歳

「ビッグマック」の生みの親マイケル・デリガッティ氏死去 98歳

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/12/01
No image

ハンガリーのブダペストでビッグマックを食べる同社幹部(2008年5月27日撮影)。

【AFP】米国のファストフードハンバーガーの代名詞「ビッグマック」を考案したマイケル・デリガッティ氏が11月28日、ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外の自宅で死去した。家族が明らかにした。98歳。

ビックマックはビーフパティ2枚とレタス、チーズ、ピクルス、オニオンに特製ソースをかけ、バンズ3枚で挟んだ2段ハンバーガー。米国の料理としてはスライスした食パン以来、最も記憶に残る発明と評される。

米紙ロサンゼルス・タイムズが1993年に掲載したビックマックの紹介記事によれば、半世紀近く前、ペンシルバニア州西部のマクドナルド店舗のオーナーだったデリガッティ氏は、シンプルなハンバーガーとフライドポテト、飲み物という素っ気ないメニューを思い切って転換するよう会社側を説得した。

1967年、会社の許可を得て自身が考案した新しいハンバーガーを売り出したところ、売り上げが12%伸びた。それから数年のうちにマクドナルドはビッグマックを全米で販売。同氏は期せずして、ファストフードのメニュー拡大競争に火を付ける形となった。

マクドナルドは声明で、デリガッティ氏は同社に「いつまでも続く影響」を及ぼした「伝説的なフランチャズ加盟者」とその功績をたたえた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

新製品カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
柚子専門の新店「KAORU-KITO YUZU-」の「木頭柚子トリュフチョコ」
目をつぶって味わいたくなる!♡【冬季限定】ハーゲンダッツのピスタチオベリー♡
セブン-イレブンのトナカイケーキがかわいすぎ! これはSNSで残したいっ!
『シェイク シャック』の"飲むデザート"!? 「ホリデー シェイク」がすごいらしい!!!
Top's(トップス)史上初のアイスケーキ!セブン限定「トップス チョコレートアイスケーキ」予約受付中

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加