セイスコーピオン重賞2連勝 東京大賞典出走は明言せず

セイスコーピオン重賞2連勝 東京大賞典出走は明言せず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

「勝島王冠・S3」(11月30日、大井)

1番人気のセイスコーピオンが、2番人気のケイアイレオーネとの直線での激しい叩き合いに競り勝ち、前走のマイルグランプリに続き重賞V2を達成した。3着にはしぶとく食い下がった11番人気のムサシキングオーが入った。なお、優勝馬には「第62回東京大賞典・G1」(29日・大井)への優先出走権が与えられた。

この勢いは本物だ。圧倒的な単勝1番人気に支持されたセイスコーピオンが、最後の直線での激しい競り合いを制して力強く重賞V2を決めた。

好スタートからスムーズに2番手のポジションにつけて、抜群の手応えで直線に入り早々と先頭へ。しかし、ムサシキングオーとケイアイレオーネが迫って、3頭が馬体をびっしり並べての追い比べ。一度はケイアイレオーネに前に出られたが、そこから勝負根性を発揮してゴール寸前で差し返してみせた。

森泰斗は「スローペースだったが前半で我慢できたぶん、最後に伸びてくれた。3連勝はなかなかできないこと。人気に応えられて良かった」とホッとした表情を浮かべる。

見届けた八木正師は「よく勝ってくれた。ただ、きょうのレースぶりを見ると、千六から千八の距離がいいようだ。次走についてはオーナーと相談してから」と語り、優先出走権を得た東京大賞典への参戦は明言しなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」
飼い主さんにかまって欲しいネコ。カーテンに隠れて待ち伏せする作戦に出る!
成宮寛貴、芸能界引退を発表【直筆コメント全文】
1位は知りたくない真実...イマドキ男性の「経験人数」2位11人以上
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加