セイコーウオッチ、ガラスの塊のような「ガラスウオッチ」

セイコーウオッチ、ガラスの塊のような「ガラスウオッチ」

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/10/11
No image

「ガラスウオッチ」

セイコーウオッチは10月11日、ニューモデル「ガラスウオッチ」全3機種を発表。世界のISSEY MIYAKEショップならびに全国のISSEY MIYAKE WATCH取り扱い店で11月10日に発売する。

セイコーウオッチが展開する「ISSEY MIYAKE WATCHプロジェクト」の16番目のモデルで、デザイナーは吉岡徳仁氏。ガラス素材でさまざまな立体造形を生み出す吉岡氏ならではのオブジェのようなモデル。透明なガラスの底に閉じ込められた時計の針はまるで時が止まったような静寂さを感じさせる。

No image

手に取ると差し込む光線が輝きを放ち、まわりの風景を映し出しながら表情豊かで独創的なウオッチへと変化

ガラスには強化処理された無機ガラスを使用。ステンレススチール製のケースは腕時計に必要な堅牢性や防水性を確保し、美しい輝きが生まれるようにひとつひとつ削り出しで加工した厚いカバーガラスでダイヤルを包み込んでいる。ストラップには、ガラス素材の冷たさと対照的な温もりを感じるカーフ(牛革)を使用し、カーフ素材はタンニンなめし、色調はオーガニック水染めと、自然な風合いを重視している。

No image

左より「NYAH002」、「NYAH001」、「NYAH003」。NYAH002はケース素材のステンレススチールに硬質コーティングを施している

およそ直径39×厚み15.6mmのジェンダーレスなデザインとサイズにより、男性にも女性にも楽しめる。ケースは日常生活防水。クオーツムーブメントを使用。価格は4万9680円(NYAH003およびNYAH001)/5万1840円(NYAH002)。

■関連サイト

ニュースリリース

セイコーウオッチ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まもなく開幕「東京モーターショー2017」 国内大手メーカーの出展内容まとめ
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
サムスン絶好調、営業利益「約3倍」のワケ 最高益更新の見込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加