中京大中京・伊藤康祐1発も敗退「悔いはない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11

<全国高校野球選手権:広陵10-6中京大中京>◇11日◇1回戦

中京大中京(愛知)が終盤追い上げたが及ばず、広陵(広島)に6-10で初戦敗退した。

2-10とされた8回に浦野海斗投手(2年)の中前適時打で1点を返した。さらに9回には打線がつながり、プロ注目の伊藤康祐主将(3年)の右前適時打で4点差まで迫るも、勝利に届かなかった。3回にはバックスクリーンに先制のソロを放った伊藤康は「本塁打は打った瞬間、入るか分からなかった。最後は全員が回してくれた。やりきった。悔いはないです。たくさんの方が応援してくれた。最終回は球場全体で声援をもらった」と感謝した。

投手陣は先発した磯村峻平投手(3年)が6回途中まで3安打無失点と好投。0-2の6回1死からスイッチした背番号「1」の香村篤史投手(3年)、伊藤稜投手(3年)が崩れ逆転を許した。高橋源一郎監督(37)は「5回から(磯村の)球威がなくなってきた。もともと、継投というかたちでやってきたので。終盤の攻撃は諦めずに本来の粘りを見せてくれた」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神藤浪大荒れ7四死球3失点KO、再び登録抹消へ
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
阪神・糸井、緊急昇格も 2試合連続打点で復調アピール
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加