実用性や商品性が高い自作ハードウェア作品を表彰するコンテスト「GUGEN2016」

実用性や商品性が高い自作ハードウェア作品を表彰するコンテスト「GUGEN2016」

  • MdN
  • 更新日:2016/10/21
No image

「GUGEN2016」イメージ

プリント基板のネット通販「P板.com」を運営する株式会社ピーバンドットコムは、自作ハードウェアコンテスト「GUGEN2016」を、2016年12月17日(土)13:00〜18:00に秋葉原コンベンションホールで開催する。これに伴い、11月29日(火)まで作品の応募を受付中。「オリジナルのハードウェア作品(市販キットやマイコンの活用は可)」「使う人、見る人に楽しさや便利さなどのメリットを提供できる作品」「未発売の作品(クラウドファンディングなどで活動中の作品は可)」であることが条件で、作品のジャンルは自由とされている。

本コンテストは、前身となる2009〜2012年の「電子工作コンテスト」も含めると8回目の開催を数える。新たな製品が世に生み出されるきっかけにもなっており、ハードウェアベンチャーやエンジニアの登竜門としての位置付けだ。今年は「ユーザーの課題を解決する“未来のふつう”となるアイデア・製品を具現(GUGEN)化する」をテーマに、作品を募集している。個人 / グループ / 法人を問わず、デジタル機器 / ファッション / 住まい / 食育 / エンターテイメント / 音楽 / おもちゃ / アートなど、どのような領域の作品でも応募が可能。応募作品は全て「GUGEN」Webサイト上で公開され、一次審査を通過した作品は12月17日(土)当日の会場で作品を展示できる。

■応募締切:
2016年11月29日(火)

■応募資格:
不問

■賞:
大賞(50万円 / プリント基板・電子部品50万円相当)
ほか

■問い合わせ先:
GUGEN実行委員会
tel. 03-3261-3431
url.https://GUGEN.jp/

2016-11-29

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山田孝之が「カンヌ」を目指した日々をドキュメンタリードラマ化
坂本龍一が「レヴェナント」でグラミー賞ノミネート
現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像
『銀魂』実写ビジュアルは「ほぼ完璧」原作ファンから異例の高評価!
窪田正孝が新人刑務官に!ドラマ「獄の棘」に主演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加