ネイマール、“主審顔面直撃パス”で試合一時中断 大打撃に世界注目「天才が驚かせた」

ネイマール、“主審顔面直撃パス”で試合一時中断 大打撃に世界注目「天才が驚かせた」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/02/15
No image

CLレアル戦、1-1で迎えた後半にネイマールの鋭いパスが主審の顔面を強打

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表ネイマールは現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント第1戦、敵地レアル・マドリード戦に出場したが、1-3で逆転負けを喫した。先制点をアシストした一方、主審の顔面を直撃する強烈なキックをお見舞いし、世界から注目を浴びている。

試合は前半33分、ネイマールのヒールパスを受けたMFアドリアン・ラビオが利き足と反対の右足で蹴り込んでPSGがアウェーゴールを奪って先制。しかし、前半終了間際にレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを決めて同点に追いつかれると、後半36分に再びロナウドにネットを揺らされて逆転され、さらに同41分にはブラジル代表DFマルセロに3点目を奪われた。

1アシストのネイマールだが、意外なプレーがクローズアップされている。1-1で迎えた後半23分、左サイドでボールを持ったネイマールは、ゴール前へラストパスを供給しようと右足を一閃。鋭い弾道の一撃がゴールに向かって飛んだかに思われたが、途中でボールの方向が変わりチャンスが潰れてしまう。キックを阻止したのは、味方と相手いずれでもなく、試合を裁く主審だった。

ネイマールが放ったボールは、イタリア人の主審ジャンルカ・ロッチの顔面を直撃。主審は痛みに顔を歪めて悶絶した。耳に付けている音声機器にぶつかったようで、試合が一時中断する事態となった。

“偶然の出来事”は海を渡り…

スペイン紙「ムンド・デポルティボ」は「偶然の出来事が起こった。ボールがロッチの顔に当たり治療が必要で、ゲームが中断した」と伝えている。また、一連のプレーは海を渡って北中米カリブ海のホンジュラス紙「La Prensa」でも取り上げられ、「ネイマールが審判に大きな打撃を与えた。ブラジルの天才が長いパスを試み、審判の顔面を直撃して彼を驚かせた」と報じた。

会場も騒然としたなか、主審は直撃した部分をチェックし、大事には至らず。そのまま無事に試合は再会された。結局、この後に2失点したPSGは1-3で敗れているが、ネイマールの“顔面直撃キック”は思いのほか反響を呼んでいるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子「そだねー」が流行語大賞に?女性ネットユーザー「イライラする」声も
天才少年・藤井聡太6段の快進撃、韓国でも注目集める
銀でも土下座のキム・ボルム 「申し訳ないという言葉しか」とコメント...韓国メディア
乾、痛恨の決定機逸...エイバルは完封負けで2連敗
銅メダルのカー娘。を同郷の沢田亜矢子が祝福「金の価値と同じくらいだねー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加