もっとも痩せやすい睡眠時間は「7時間」。ダイエットに効果的な睡眠法を最新調査で発表

もっとも痩せやすい睡眠時間は「7時間」。ダイエットに効果的な睡眠法を最新調査で発表

  • スポーツナビDo
  • 更新日:2018/06/14
No image

3月31日は「体内時計の日」。というわけで、ドコモ・ヘルスケア株式会社が、睡眠時間とBMI値の関係などを集計した「からだデータ」の調査結果を公開しています。

男女ともゴールデンウィーク明けがもっとも太りやすい時期だった

今回の調査は、健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」に蓄積された「からだデータ」および、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」の利用者のヘルスケア・ビッグデータを集計・分析したもの(※調査期間は2017年1月1日〜2017年12月31日)。

No image
No image

2017年の平均体重を1週間ごとに見てみると、最大値は男女ともに5月7日週(男性72.06kg・女性57.47kg)に記録。ゴールデンウィーク明けがもっとも体重が重くなるということが分かりました。

最小値は、男性が8月6日週で71.35kg、女性は7月30日週で56.89kgとなり、男女ともにゴールデンウィーク明けから夏に向けて体重は減少する傾向が見られました。

肥満率ナンバー1は山形県!

次に、都道府県別の肥満率についても結果が出ています。これによれば、全体に占める「肥満」(BMI値が25以上)の人の割合は山形県がもっとも高く、42.9%の人が「肥満」であることが分かりました。ちなみに、2位は福島県の42.2%、3位は沖縄県の42.1%となっています。

肥満率の全国平均は35.2%で、3割以上の人は「肥満」ということも分かりました。東京都(44位・32.8%)、大阪府(41位・33.9%)、愛知県(37位・34.1%)などの大都市圏は、順位も低く、全国平均も下回る、肥満率の低いエリアであることも見えてきています。

No image

痩せやすい睡眠法とは?

同社では、睡眠時間とBMI値の関係についても分析をしています。

No image

睡眠時間別に平均BMI値を確認すると、男性は睡眠時間が「7時間」または「7時間30分」の人が、女性は睡眠時間が「7時間」の人が、最もBMI値が低いことがみてとれます。一方で、睡眠時間別に見ると、男性は「6時間」の人が多く、女性は「6時間30分」の人が多いことが分かります。

つまり、痩せやすい睡眠をとるためには、男性はプラス1時間、女性はプラス30分の睡眠時間を意識的に確保すると、肥満に有効な睡眠ということになります。

また、先に挙げた太りやすい時期などと合わせると、ダイエットを行う場合、7月〜12月を中心に減量をし、1月〜6月は体重を増やさないようにするなど、時期に合った努力を行うのが有効とも言えます。

世の中にはさまざまなダイエット方法がありますが、多くは我慢や努力をともなうもの。普段の生活リズムの改善などにより、少しでもそうした部分が楽になると良いですね。

<Text:辻村/Photo:Getty Images>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漂白剤のお風呂に週に2回 道化師様魚鱗癬と闘う1歳児(米)
お風呂や洗面所に現れる「小さな虫」の正体って? 今すぐできる対処法も
もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
トイレットペーパーまで自腹の自衛隊。予算がなくて「トイレを封鎖」する基地も
メディアで話題「大人の発達障害」。中年になるまで自覚がない人も...その症状とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加