最新ランキングをチェックしよう
日本のスパイクを履いたバルセロナ選手、adidasから訴えられる

日本のスパイクを履いたバルセロナ選手、adidasから訴えられる

  • Qoly
  • 更新日:2018/12/08

先日、20歳の若手MFカルレス・アレニャをトップチームに登録したバルセロナ。その理由は、前十字靭帯を断裂したブラジル代表MFラフィーニャが長期離脱になったためだ。

そうした中、『Mirror』では、ラフィーニャが契約違反でadidasから訴えられたと伝えた。

両者が2013年に締結した契約は今年6月末で失効。その後、ラフィーニャは日本のMizuno製のスパイクを黒塗りで試し履きしていた。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
グラビア界の逸材登場 Jカップ伊織いお、バスト推しでセクシーアピール
新川優愛の「ロケバス運転手」、実はスゴかった!
フォーリンラブ・バービーに起こった悲劇 「天罰下りました」
もっと早く知りたかった!インソールをビルケンにしたら、足が疲れないどころか姿勢まで良くなるんです。|マイ定番スタイル
韓国が日本との軍事協定の破棄決定。ネット上に怒りの声殺到

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加