基準線の120万円処まで戻す可能性も意識【フィスコ・ビットコインニュース】

基準線の120万円処まで戻す可能性も意識【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/16
No image

株式会社フィスコ

2月15日18時30分時点のフィスコ仮想通貨取引所におけるビットコイン(BTC)価格は、1,064,000円で推移している。ナイトセッションより、5日移動平均線の位置する970,000円処からのリバウンドを試す展開となり、朝方に約11日ぶりとなる節目の1,000,000円を回復した。9日に陽転したMACDは、引き続きシグナルを上回っての動きとなっているうえ、じりじりと乖離幅も広げていることから陰転までは時間を要するだろう。なお、一目均衡表では、雲の下での推移ではあるものの、転換線を上回っていることから、基準線の位置する1,200,000円処までの戻りが短期的には意識されやすいとみられる。なお、ここまでの高値は18:00に付けた1,069,900円、安値は4:30に付けた983,025円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、全般買い戻し優勢の展開が続くなか、引き続きライトコイン(Litecoin)が25%近い上昇となっているほか、サウジ中銀によるブロックチェーン技術の試験導入が伝わったリップル(XRP)も10%超の上昇に。通貨別シェア状況では、前日まで50%を超えていた円(JPY)のシェアが50%を割れてきている一方で、ドル(USD)のシェアが25%とやや回復してきている(CryptoCompare参照)。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ギターのギブソン」経営危機報道に「マジか」 米国の会社側は「事業のスリム化」公表
東京の人口集積度、インド・デリー以上で世界ダントツに...転入超過に歯止めかからず
シトロエンと兄弟ミニバン、オペル コンボ 新型...ジュネーブモーターショー2018で発表へ
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
三越伊勢丹、ブランド力過信し成長停滞...前年比4割減益で赤字転落寸前
  • このエントリーをはてなブックマークに追加