出力規模約14.5MWの多可町安田郷メガソーラー発電所が竣工 - 京セラ

出力規模約14.5MWの多可町安田郷メガソーラー発電所が竣工 - 京セラ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

京セラは11月29日、兵庫県多可町にて約14.5MWのメガソーラー発電所の運転を2016年11月2日に開始し、29日に竣工式を執り行ったと発表した。

同メガソーラー発電所は、京セラのほか、三菱総合研究所(三菱総研)、東京センチュリー、四電エンジニアリングが共同出資する多可町安田郷メガソーラー発電合同会社が事業運営を行っているもので、ファイナンスとそのアレンジメントを東京センチュリーが担当し、発電所の設計・施工を四電エンジニアリングが担当、そして太陽電池モジュールと周辺機器の供給は京セラが行った。また、三菱総研は事業全体の統括およびコンサルタント業務を実施し、運転開始後は多可町メガソーラー合同会社の運営業務(アセット・マネジメント)を担当する予定だという。

なお、同発電所に用いられた太陽電池パネルは約5万6000枚で、年間発電量は一般家庭約4930世帯分の年間電力消費量に相当する合計約1606万kWhと予想されているほか、売電先は関西電力としている。

No image

多可町安田郷メガソーラー発電所の様子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
ダイヤの次に硬い「タングステン印鑑」パナソニックが12月発売 蛍光灯製造技術を応用
「今年、最もリーダーシップを発揮した人」に選ばれたのは?
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加