【安藤小葉さん】コスメティックスは、パッケージも重視

【安藤小葉さん】コスメティックスは、パッケージも重視

  • SPUR
  • 更新日:2018/02/13
No image

1 「バンダナをハンカチ代わりに。40年代のアメリカのもの」

2 「缶に入っているものが好き。Badger Balmのマルチバーム」

3 「学生時代から何十本もリピートしているシャネルのアイライナー」

4 「イソップの香水『マラケッシュ インテンスパルファム』は、好みが分かれないのでお客様に接する際もOK」

5 アメリカの友人が手作りしてくれた頭痛用オイル

6 ドクターブロナーのリップバーム。柔らかいテクスチャー

7 「ニールズヤード レメディーズの『ショルダーリリーフサルブ』は肩こりに。友人にもすすめています」

8 「髪にはコールドスプリングアポセカリーの水溶性ポマードでツヤを」

9 「約10年前に日本の古着店で買った鏡。ブラスの色がいい」

※本特集に掲載しているアイテムはすべて私物です。商品について各ショップにお問い合わせいただくのはご遠慮ください。

No image

50年代のアメリカのフェイクファーのポーチ。「ちょっと田舎くさいデザインがタイプ。がま口も好きで、バッグの中にいくつか入っています」

No image

TOKYO

安藤小葉さん

2017年4月、ヴィンテージショップHooked vintage(@hooked_vintage)を渋谷にオープン。 夫とふたりでバイイングから接客までをこなす。そのファッションセンスに惹かれて来店する人も多数。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銀行口座、ついに維持手数料が徴収される時代に?今からできる2つの防衛策
瞬時に読めたら「勘が鋭い」アルファベット4文字、読めるものなら読んでごらん!
【キモイ】今朝の東京メトロ千代田線の遅延理由が「頭おかしすぎる」と話題 / 男性複数人があえて女性車両に乗り込み......
「萎えるのは君のせいだよ」――“セックスしない嫌がらせ”に耐える「レスハラ」の実情とは
昭和かよ! 小学校で保護者が言われた「ちょっと時代錯誤な指導」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加