一般人でも対象になる恐れ “共謀罪”で野党追及

一般人でも対象になる恐れ “共謀罪”で野党追及

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/02/18
No image

テロなどの犯罪を組織的に準備した段階で処罰が可能になるテロ等準備罪、いわゆる「共謀罪」を巡り、捜査当局の判断次第で一般の人が処罰される恐れがあると追及しました。

民進党・山尾志桜里議員:「一般の市民であっても途中で捜査機関が一変した、犯罪集団に切り変わった。こういう認定をされれば今回の対象にあたる」
安倍総理大臣:「犯罪集団に一変した段階で、その人たちは一般人なのか。一般人であるわけがない。犯罪集団に一変したものである以上、それは対象となる。これはまさに明確だ」
安倍総理はオウム真理教を例に挙げながら「そもそもの目的が正常でも、(組織が)一変した以上、組織的犯罪集団と認めるのは当然だ」と強調しました。一方で、団体の一部の人が罪を犯しても、所属するすべての人が処罰の対象になるわけではないと説明しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小池知事、五輪の仮設整備費は「本来は組織委が負担」
【報ステ】百条委員会、石原元都知事を証人喚問へ
2017年度予算案 週明けに衆議院通過で年度内成立へ
テロ等準備罪。ようやく自民党内の議論が煮詰まってきた
グダグダで始まった百条委員会(理事会)、グダグダで終わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加